正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

持ち曲として維持したい!過去曲を復活させる方法

一生懸命手を尽くし心を尽くし、時間をかけて仕上げたのに、いざ本番を終えると衰えていく。だってまた次に挑戦しなければならない曲が、目の前に置かれているから。 あんなに気持ち良く弾けるようになったのに、こんなに弾けなくなっち …

弾きにくい交互奏を弾きやすくする考え方

左手→右手→左手→右手・・・と、ピアノで手を交互に打鍵していく「交互奏」は、弾きにくいと感じる人が多いものの一つです。あなたは交互奏で「弾きにくいなぁ」、と思ったことはありませんか?例えばこんなフレーズです。 Pleas …

ペダルの踏み方にはポイントがある事を知っておこう!

ペダルの踏み方が、どうもしっくりしない、濁っているのが気になるとか、なんだかタイミングが良くないような気がするとか、感じたことは、ありませんか? ペダルの踏み方は1つではありません。幾つも踏み方があります。 ペダルには「 …

疑問を持ったらすぐ聞く。好奇心はピアノ上達の条件。

ピアノを習っている人なら、ピアノを弾いている人なら、「もっと上手になりたい!」と思っているのではないでしょうか?もっと上手に、もっと素敵にピアノを弾けるようにと、毎日試行錯誤しながら切磋琢磨に練習を重ねていると思います。 …

ピアノで弾きにくい同音連打を弾きやすくするコツ

ピアノでの同音連打、弾きにくくて音がかすれたりしませんか?ちゃんと弾こう!と頑張れば頑張るほど、ドツボにはまったかのように弾けなくなります。そんな同音連打を弾きやすくするコツをお話しします。 Please follow …

マルカートの呪縛

● マルカートの呪縛 何拍子だか、わかりますか? 特に画像の初めの2小節。 頭で「8分の6拍子だから2拍子で取る」とわかっていても、実際にそのように捉えて、感じて弾いているかどうかは、別問題です。 子供の頃に、「もっとは …

響きで聴き響きで合わせて推進力を出す方法

あなたは自分が出すピアノの音の響きを、聴くことが出来ているでしょうか?聴くことに意識を置いたことはありますか?響きを聴き、響きで合わせることについてお話しします。 響きで聴く・響きで弾く・響きで合わせる 右手の和音と左手 …

親指に気をつけろ!

● 打鍵は親指に気をつけろ! これら単音の動きの中にも、更にメロディを形作っている音の繋がりがあります。 この楽譜例だと、「ミ♭」以外の音の動きが、メロディです。 その音の動きを、聴いて行きたいのに、それを邪魔しやすいの …

掛け合う会話の呼吸とリズムを感じて躍動感を出す方法

右手と左手で、メロディが掛け合いになる時、何を感じるでしょうか? 弾きにくい?面白い?何を弾いているか、わからない? それなら、掛け合う会話の呼吸とリズムを感じてみましょう。 ねぇねぇ、 お母さんと話す時、 お父さんと話 …

3つの良く似たフレーズの表現を変える方法

● 3つの良く似たフレーズ、どうやって表現を変える? 良く似たフレーズの1回目がこちらです。 まず気を付けたいのは、「これで一つのフレーズだ」と言う事です。 右手の重音を「掴む」事だけに、意識を置かないようにしましょう。 …

1 2 3 50 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.