正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

リズムで会話を作り、盛り上げるタイミングを考えてみよう!

8分休符+8分音符というリズムから、あなたが感じるものはどんな事でしょう?このリズムのタイミングはどんなもの?考えたことはありますか? 今あなたが弾いているそのフレーズは、一体どこへ向かって盛り上げていくのでしょうか? …

音楽の流れを生み出す方法とアルペジオの弾き方のコツ

アルペジオは流れるように弾きたいのに、何度練習してもボテボテ・・・何だかぎこちなくて音楽が流れているような気がしない・・・あなたはピアノの練習をしていて、そんな風に感じたことはありませんか? ピアノでアルペジオを弾くには …

オクターブ・トレモロを脱力して弾く方法

トリルやトレモロにうねるアルペジオが続くフレーズは、手や腕に力が溜まりやすくて疲れやすく弾きにくいと感じたことはありませんか? 「いや〜!手が辛い!しんどいんです!」そんな声を何度も聞きました。 こんなオクターブ・トレモ …

黒鍵白鍵が入り交じるフレーズで気を付ける事は何?跳躍のポイントは?

黒鍵と白鍵が入り交じるフレーズで弾きにくさを感じたことはありませんか? どうして弾きにくいのかしら?何か気を付けたら弾きやすくなるのかもしれません。そんな事を考えてみたことはありますか? 跳躍が続くフレーズが弾きにくいと …

突然の強弱変化の付け方

ピアノ(p 弱く)からクレッシェンド(だんだん強く)の指示もなく突然フォルテ(f 強く)になったり、その逆でフォルテから突然ピアノになったりという強弱の変化は、一体どうやったらいいのでしょうか? 例えばこんな画像のような …

ユニゾンで歌う方法*その2

ユニゾンのフレーズが繰り返される場合、あなたは何か感じたり意識したりするでしょうか?それとも「同じ事の繰り返し♪ラッキー♡」と思うでしょうか? 先日の「ユニゾンで歌う方法」の続きです。 ※ 「ユニゾン」とは、同じ旋律を違 …

まずは拍を正しく捉え、音価が速くなっても歌う事を忘れない

伸ばす音やタイが多かったり、少しテンポがゆっくりの曲を弾いていると、拍の感覚がわからなくなる事はありませんか? あれ?1拍の長さってこのくらいだったっけ?と。 今日はそんな「拍」のお話と、音の行方や音価についてお話します …

ユニゾンで歌う方法

ユニゾンとは、「斉唱・斉奏」のこと。ユニゾンとは「同じ高さ、もしくはオクターブ違いの音程で同じ旋律を奏でること」を意味します。 ピアノの作品の中にも、ユニゾンはいろんなフレーズに登場します。曲の冒頭がユニゾンで始まること …

複雑なフレーズを弾く時に脱力する方法

自分の苦手な動きをやっている時、弾き難いところを部分練習している時、自分でも滅茶苦茶、腕に力が入ってるのがわかります。きっと指が不自然な、正しくない動きをしているからでしょうね。。。 そういう部分を脱力して弾けるようにな …

クライマックスへの効果的な呼吸法

曲には、大なり小なり幾つかのクライマックスがあります。クライマックスへ向かっている事がわかるようにするには、どうしたらいいのでしょう? クライマックス・盛り上がっていることをわかりやすく伝えるためには、呼吸法が重要です。 …

1 2 3 54 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.