正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

いつもと違うところを聴いてみる

● いつもと違うところを聴いてみる   右手がいっぱい動いています。 その細かな動きに、神経を注いでいます。 右手が気になって、仕方ありません。   粒を揃えて弾かなきゃ? 音を正しく弾かなきゃ? & …

ベースラインは、弦楽器を想像してみよう!

● ベースラインは、弦楽器を想像してみよう!   ベースラインに注目してみよう!   はて、どうしてスラーだったり スタッカートだったり、  動きが変化するのだろう?   ベースラインのこん …

一息で歌うフレーズを知っておこう!

● 一息で歌うフレーズを、知っておこう!   もし、 「音楽に合わせて、呼吸って、どうしたらいいのか、わからない」 と言うことが気になっているのなら、  ご参考までに。     4分の3拍子 …

オクターブ越えのアルペジオ練習法

● オクターブ越えのアルペジオ練習法   右手のお話です。 「らどれふぁらどれ」と、アルペジオで上がっていく。   その「らどれふぁ」を、「1 2 3 4」の指で弾きます。 そして次の「ら」に、指くぐ …

黒鍵の、大事な音の打鍵法

● 黒鍵の大事な音の打鍵法   画像の左手、内声和音の上の、音の動きが大事なメロディ。 だけど、赤丸してある和音の上の音が、聴こえにくいの。   どうしてだろう?     それはね …

拍子とニュアンスを考える

● 拍子とニュアンスを考える   2分の2拍子です。 2拍子を感じたいけれど、 「ドシファソ ラーーー」   と、杓子定規に弾いてしまっては、面白くない。 音楽的じゃ、ないんじゃないかしら?   楽譜 …

音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう

● 音はどこまで繋がっているのか?最後まで聴こう   「どーーーしーどー しーふぁーふぁーー」 と、シンプルながら美しい歌が「繋がっている」事は、わかっている。     わかってるのよね。 …

第一音で印象づける方法

● 第一音で印象づける方法   きっと多くの人が、 印象深く記憶に残ると思われる  この冒頭。   ただのフォルテシモじゃ、ないの。   その第一音で惹き付けられなければ、 その後を聴こう、 …

和音アルペジオは、指使いを考えると良い

● 和音アルペジオは、指使いを考えると良い   画像の右手です。 どうやって取ったらいいのか、わからないっ! と言う感じで、和音一つずつ取って 高速移動のような感じで弾いていませんか?   &nbsp …

弾きにくいなら、ポジションを見直す

● 弾きにくいなら、ポジションを見直す   右手が二声になっています。   青い四角で囲ってあるところ。 二つありますが、そのどちらも、 内声の、はじめの2音の打鍵には問題がありません。 しかし、上声 …

« 1 2 3 30 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑