正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

和音は、動きのある音を聴く

● 和音は、動きのある音を聴く   メインの歌は、右手の和音の上の音の動き。 ところが、左手にも歌が隠れています。 左手は8分音符ですが、これを分散和音だと思ってみましょ。 すると、上の音はずっと同じだけれど、 …

表情を作る前に、知っておくべき事

● 表情を作る前に、知っておくべき事   「16分5連符+16分5連符+16分6連符+(普通に)16分音符四つ」 つまり、4分の4拍子で、各拍ごとに入る音数が異なります。 →「5」「5」「6」「4」 となります …

意識しなくても指が動くトコロに注意

● 意識しなくても指が動くトコロに注意   「しどしふぁ|そみれど・・・」   ここで考えて欲しいのは、 「しどし」と、「みれど」です。   どうしてだと思う?     …

音階ユニゾンで、大事なコト

● 音階ユニゾンで、大事なコト   両手で同時に音階、というフレーズ、 ユニゾンに限らず、3度や6度音程幅で 並行の場合です。   ちょっと、大事な、気をつけたいコトがあります。   1.  …

終わりまで大事に!

● 終わりまで大事に!   右手がメロディ、左手は伴奏形です。   この画像のように、左手の伴奏が一度終わる時、 その最後の音はどのようにして終わるのでしょう? どのように弾いてあげれば、 右手の動き …

トリルは、頑張らない

● トリルは、頑張らない   トリルは、いっぱい入れよう(弾こう)としなくて、いい。 トリルは、メインなのだろうか? 歌は、どこにあるのだろう?     って、考えてみよか。   トリルは、 …

「強い」の動作、イメージの持ち方

● 「強い」の動作、イメージの持ち方   「fp」や「sf, sfz」や「>(アクセント)」を見ると、 無意識のうちに「強く弾かなきゃ!」と思うのでしょう。   そして、「強く弾かなきゃ」と思うと、 …

いつもと違うところを聴いてみる

● いつもと違うところを聴いてみる   右手がいっぱい動いています。 その細かな動きに、神経を注いでいます。 右手が気になって、仕方ありません。   粒を揃えて弾かなきゃ? 音を正しく弾かなきゃ? & …

半音での動きを大事にする

● 半音での動きを大事にする   8分音符の動きに注目してみましょう。 半音ずつの動きになっていますね。   その動きは、どんな感じがするかしら? その響きから、どんなモノを想像できるかしら? どんな …

メロディを浮き立たせる練習法

● 細かい動きの中で、メロディを浮き立たせる練習法   両手交互に、16分音符を弾いていくフレーズです。   その16分音符の中に、 「棒」が上下に付いている音が、あります。 それらの音を繋ぐと、メロ …

« 1 25 26 27 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.