正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

「てのひら」で感じるもの

● 「てのひら」で感じるもの、使うもの これはショパン様の手形と私の手の「甲」ですが、今日のお話は「てのひら」についてです。 先日、友人で、ベルギー在住の鍵盤楽器奏者の末次克史氏が、こんな記事を発しておられました。 動画 …

伸びやかなアクセントにしよう!

● 伸びやかなアクセントにしよう!痛くないアクセントにしよう! スタッカートが続いた後に伸ばす音や、アクセントは、動きを止めないように気をつけたい。 そこで動きが止まってしまうと、 ・音が硬くなる ・音が止まる(伸びて行 …

型を作って準備。型のまま移動。省エネ演奏法!

● 型を作って準備。型のまま移動。これぞ、省エネ演奏法! 右手で弾く「32分音符4音」は、和音化して「型を作って準備」しておく。 右手が弾き始める前に、左手で弾く和音も、「型を作って準備」=スタンバイしておく。 右手→左 …

スタッカートはスタッカート。

● スタッカートはスタッカート。弾きやすいか否かではなく、作曲家の指示は、守る。 弾きにくいのは、画像1小節目最後の8分音符と、2小節目最初の8分音符が、スタッカートだからです。 音程も近い=跳躍するわけではないので、意 …

付点の伸びを十分に感じる

● 付点の伸びを十分に感じる 「ミミミミファファ#ソーーーファミレド」では、ない。 それでは「ミファファ#ソ」と、半音ずつ上がってきたものが台無しです。 「ソーー」ではなく、 「ソおお」という、増殖していく感覚を持って欲 …

和音を限りなくレガートで弾く方法

● 和音を限りなくレガートで弾く方法 和音をレガートで弾くのは、難しいことです。 ペダルを使う方法もありますが、最初は基本を押さえたいですね。 実は単音フレーズのレガート奏法と、変わりはないのですが。 この画像例のように …

4分音符で躍動感・推進力を出す方法

● 4分音符で躍動感・推進力を出す方 簡単そうに見える「4分音符+休符」にある、ワナ。 音符の後にくる休符を感じてあげると、拍感・躍動感が出ます。 休符を感じるためには、4分音符を感じなければならない。 感じるって、どう …

2音のスラーは、一つのシンプルな動きでイイ

● 2音のスラーは、「落として上げる」という一つのシンプルな動きでイイ この画像は、香港教室のレッスンからですが、このトピックは先日の東京レッスンでも出ましたよ。 類は友を呼ぶ法則、引き寄せあってますね♪ 2つの音に付く …

ピアノや勉強に終わりがないように、動きは止まらない

  ● 音は次へ、そのまた次へと向かっていく。それはまるでピアノ学習や勉強のよう。 和音の装飾音は、それをジャンプ台として、次の16分音符フレーズへ向かってい来ます。 そして16分音符フレーズは次の和音装飾音へ …

右手と左手は、別人の掛け合いだから、タイミングは同じじゃない

● 右手と左手は、別の人の掛け合いだから、タイミングは同じじゃない 右手は一つの歌が終わり、次の歌へ入ります。 そのために、スラーの終わり・休符では手を上げる。 上げてから、次へ「入り直す」。 歌なら絶対にブレスするとこ …

« 1 25 26 27 30 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑