正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

音階ユニゾンで気をつけたいこと

● 音階ユニゾンで気をつけたいこと 両手ユニゾンは、弾きにくいですね。 なんだか、合わない、ずれてしまいます。 ウキーっ! ってなりませんか? 画像の曲、両手で三度平行奏の1オクターブの音階です。 見事に左手が遅れをとり …

2音間スラーで気をつけたいコト

● 2音間スラーで、気をつけたいコト 2つの音につくスラー。 この打鍵の動きは一つです。 1音目で指を鍵盤に落として打鍵する。 その指を鍵盤から離す前に、2音目を打鍵して離す(上げる)。 「落として上げる」 しかし、一様 …

優しさのニュアンスづけ

● 優しさのニュアンスづけ 画像の左手が入ってくるところです。 それまで右手だけで奏でられていた美しいメロディに、何か温かく柔らかく優しい気持ちが重なってきます。 ほわん・・・として、心が癒やされるような。   …

響きの違いを、味わってみよう!

● 響きの違いを、味わおう! 低音部から始まる 「どーーーシドレファソらーー」 これを受けて続く 中音域での 「どーーーシドレファソらーー」 は、似ている。 でも、違うの。違うことがあります。 ・音域が違う ・「レファソ …

推進力を出すには、音の方向を見る

● 音の方向が同じものでグルーピングすると、推進力が出る この長い8分音符フレーズ。 拍を感じすぎて 「レファレド」「シファレド」「シファレド」「シレシソ」「ラシラソ」「ファラファミ」・・・ と生真面目に弾いていくと、何 …

伸びゆく音を聴かないと、大事なものは伝わらない

● 伸びゆく音を聴かないと、大事なものは伝わらない 画像1段目は、右手。 付点4分音符と、付点2分音符の音のこと。 画像2段目は、左手の2分音符の音のことです。 これらの音を、「あなたが」聴き続けてあげなければ、ならない …

欲しい音は、弾く「前に」聴く!

● 欲しい音は、弾く「前に」聴く! この画像の中で、一番大事にしたい音は、どれでしょうか? ■大事にしたい音のポイント■ ・そのフレーズの中で、高い音 ・音程が離れる時 ・長く伸びる音   というのを基本に見ま …

フォルテシモからのクレッシェンドの掛け方

● フォルテシモからの効果的なクレッシェンドの掛け方 フォルテシモから、さらにクレッシェンドをかけて、 フォルテシシモ(トリプル・フォルテ)まで上げていかねばなりません。 さぁ、どうやって音量を上げる? そもそも、ここま …

2音間スラーの打鍵は、動きは1つ!

● 2音間スラーの打鍵は、動きは1つ! 画像の中に、大事なことが2つ、あります。 1つは、画像1段目の右手。 鉛筆で○で囲ってある「4分休符」です。 ここは、「息を吸って、次の打鍵に向けて準備するところ。 もう1つが、表 …

弾く時の窮屈感は、音にも表れる

● 弾くのが窮屈だと、音も窮屈になっちゃう 両手が近すぎたり、重なっていたり、また、交差する時、とても弾きにくい感があると思います。   この曲の場合、左手で弾く音は、右手で弾くオクターブの「間」にあります。 …

« 1 28 29 30 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑