正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

闘いに行かない

● 闘いに行かない   オクターブが多い。 跳躍も、ある。 素直じゃないリズムがある。   これ、無意識のうちに 「闘って弾きに行ってしまう」三大要素です。     闘っている事を …

聴きたい音はどこにあるだろう?

● 聴きたい音はどこにあるだろう?     自分の中で、 「ココがメロディだも~ん♪うふふふ~☆」 と、わかっていても、 あなたが思っているように 「聴こえている」(伝わっている)とは限りません。 & …

アルペジオ・フレーズのポイント

● 長いアルペジオ・フレーズを効果的にするポイント   上昇下降する、アルペジオの長いフレーズの場合、 ちょっとした事をするだけで、演奏効果が増します。 クライマックスに向かって行く場合は、 とっても有効です。 …

わかっているようで、わかっていないコト

● わかっているようで、わかっていない事を見つめてみる   一つの大きなセクションの中に、フレーズが幾つかあります。   大抵、始めの一つ二つのフレーズは短い。 大体、三つ目からフレーズが長くなって、 …

ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう!

● ちょっと気遣って、飛ぶのを防ごう! 気を付けたいのは、この画像で赤○をしている 左手の4拍目の4分音符。   飛びやすいの。 次の音に向けて。 次の音を打鍵する「準備」をしようとして、 無意識のうちに飛んで …

トリルの終わり方

● トリルの終わりに気を使おう!   トリルの終わりは、次の音に繋げていきます。   「シ」にトリルが付いていて、次の音が「シ♭」なら、 そのトリルの終わりの音は「シ」。   「シ♭」にトリ …

音の動き/響きを想像する

● 音の動き/響きを想像する   音数は、そう多くありません。 比較的、鍵盤も掴み易いと思う、このカタチ。   だけど、片方の手にスタッカートがあると、 つられやすいのです。 左手は全てスタッカートで …

想像するだけで、演奏レベルが上がる!

● 想像するだけで、演奏レベルが上がる!     スラーやスタッカートが細かく付いていると、 動きを想像しやすいでしょう。 スタッカートに続くテヌートも、です。   こういうのは 「わかりや …

同音連打はタンギングし直すように。

● 拍をまたぐ同音連打は、タンギングし直すように。     和音の同音連打、ポジションも手の形も同じなので、 弾きやすいと思います。   だけど、ちょっとだけ気をつけたい事があります。 &n …

どうしてそこに休符があるのだろう?

● どうしてそこに休符があるのだろう?   って、考えてみたこと、ありますか?   この画像の最後。 赤丸で囲んでいる、その小節です。   1小節 丸々お休みって、どーゆーコト? &nbsp …

« 1 28 29 30 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.