正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

「伸びの空間」を味わう

● 「伸びの空間」を味わおう! どんなに音価の短い音でも、このような所は、 その「音の伸びの空間」を、味わってみましょ。   ただそれだけで、うっとりしちゃうくらい 素敵になるよ♪   音を大事にする …

音が跳ぶ時こそ!最後までこらえて大事に。

● 音が跳ぶ時こそ!最後までこらえて大事に。   赤丸で印を付けた所です。   その次の小節からレイヤーが変わります。 (段階が上がっていく)   音程がそんなに離れているわけでは、ありませ …

気持ちが上向きなら、音も上向きにしよう!

● 気持ちが上向きなら、音も上向きにしよう!   意気揚々と、気持ちが上向いて、ニッコニコで終わる。 それなら、そういう音にしてあげたいね♪ 音を上に飛ばしてあげるんだよ。 そうするにはどうしたらいいかな? & …

レガートの魔法

● レガートの魔法は、鍵盤と仲良し!   右手も左手も、揃って同じ音が続くと(ソ ソ)、 両手で同じ動きが続きます。   すると、動きが変わっても、つい、 それまでと同じ手の動きをしがちです。 つられ …

半音と全音の並びをうまく使う

● 半音と全音の並びをうまく使う   オクターブの音階フレーズは、白鍵と黒鍵が混ざる場合、 弾きにくさを覚える事があると思います。   全て半音階ならまだしも…?   半音程と全 …

ハーモニーを味わうと、メロディ美しくなる!

● ハーモニーを味わうと、メロディ美しくなる! とっても美しく、幻想的なフレーズです。   右手がメロディ、左手は伴奏。 この伴奏のカタチは「アルベルティ・バス」と言います。   右手を、とっても気持 …

16分音符フレーズを迷わず弾けるようにする方法

● 16分音符フレーズを迷わず弾けるようにする方法   この画像の左手のように、延々と16分音符フレーズが出てくる曲があります。 画像のところは、少し特徴的な動きをしているので、わかりやすいかもしれません。 ( …

方向転換は、気持ちが変わるサイン

● 方向転換は、気持ちが変わるサイン   楽譜は横に読んでいきます。 だから「模様読み」なんて、言いますね。   音符の動きはまるで、波のようになっています。   いろんな音の動きを、「波」 …

左右逆の動きは、あやつり人形をイメージする

● 左右逆の動きは、あやつり人形をイメージする   頭でわかっていても、こんな場合は 実際に弾く事に反映させるのは難しい。   右手の1拍目(この曲は8分の3拍子)はスタッカートですが、 左手は付点4 …

受け渡しは、優しく撫でるように

● 受け渡しは、優しく撫でるように     単旋律なのに、左手から右手へと 音を受け渡して弾くフレーズは、よくありますね。   この時、大事なのは、 「まるで片手で弾いているように、なめらか …

« 1 2 3 4 26 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、メンタル・コントロールなどについて、月・木曜日の朝6時に配信。ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
↑ Back To Top ↑