正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

楽譜の読み方

楽譜を何度読んでも覚えられない、弾くたびに考えてしまうなんていうことはありませんか? 次はここ(この辺りのポジション)かな?と予測しても、パッと楽譜を見ると全然違っていたりする。何度練習しても音の動きが覚えられないなら、 …

レイヤーを感じてイメージすると表現に奥深さが出る!

曲の中には、同じリズムが繰り返されることがあります。そんな時、あなたは何かを感じるでしょうか?それとも何となくスルー? リズムが同じだから弾きやすい?簡単だ、わ〜い!だけじゃなく、もう少し何かを感じられたらもっとステキな …

アルペジオ・フレーズの意識の置き所を考えてみたら弾きやすくなる?

ピアノを弾く上での「アルペジオ(分散和音)」で、弾きにくさや違和感を抱く事はありませんか? そうは言ってもアルペジオの形もフレーズによって様々。だったらそれぞれのフレーズで「何故弾きにくいのか?」原因を探ってみましょうか …

休符や打鍵の間(ま)を考えて表現力を高めよう!

あなたは楽譜に休符を見ると、何を思うでしょうか?何か感じる?休符の前の音がスタッカートだったら休符は感じやすいかしら? フレーズが続く中、休符がない場合はどうかしら?どこで間(ま)を感じることができるでしょうか?そんな事 …

多声(ポリフォニー)フレーズの練習法

多声(ポリフォニー)音楽とは、複数の声部が協和し合う(絡み合う)音楽。ピアノではバッハの作品がポリフォニーの代表のような存在ですが、うんとわかりやすく言うと、始まりは「カエルの歌」だろうし、少し発展(大きく)なれば中学生 …

subitoピアノ・piuピアノについて考えてみよう

ピアノ(p)とは、「弱く」という強弱記号ですね。でも「弱く」という意味は1つじゃないと思うの。弱くは「静かに」?「消えそうな音」? それとも悲しい時の感じかしら?具合が悪くなって動けない時のような感じ? 「ピアノ」の意味 …

オクターブを越えるアルペジオは二の腕を使うとラクに弾ける!

オクターブを超えるアルペジオを弾きにくい、なんかいつもうまく弾けない!と感じたことはありませんか? そうね、オクターブを超えるアルペジオって本当に弾きにくいし厄介だと思います。今日はそんなオクターブを超えるアルペジオの弾 …

連符は速くという先入観を捨て、トリルと連符は頑張らない

3連符、5連符、7連符・・・8分音符から16分音符へ、そして32分音符へと音価が短くなっていくと、それぞれの音の長さは 短くなります。すると、「いっぱい音符があるから速く弾かなきゃいけない!速く音を入れなきゃならない!」 …

2音間スラーで気を付けたいコト

音を繋げてなめらかに弾きましょう・一息に弾きましょうの「スラー」は、よく見る演奏記号の1つだと思います。 今日はその「スラー」の付き方のお話。あなたは「スラー」がどの音から始まって、どの音でスラーが終わっているのか、気に …

伸ばす音の先にあるものは何か考える癖をつけると音の世界が変わる

伸ばす音・伸びる音の先にあるものの事を考えてみたことはありますか? この伸びる音の先には何があるんだろう?どうしてこの音は伸びているんだろう?何故休符にならず伸びているんだろう?次の音と繋がりがあるんだろうか? その音を …

« 1 2 3 4 54 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.