正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

分散和音の練習法とユニゾンの弾き方を考える

和音を崩して弾く分散和音も両手で同じ事を並行で弾くユニゾンも、ピアノの作品の中にはたくさん出てきます。 何気なく出てくるものですから、あまり気にかけていないかもしれません。あなたは曲中に分散和音やユニゾンが出てきた時、ど …

小節にまたがるスラーで注意する事と同じ音で音色を変えたい時にしたらいい事

小節をまたがるスラーはよく出てきますから、あまり気にも留めていないかもしれません。でもね、ピアノでは右手と左手で同じ動きをする事も多いですよね。例えば右手がスラーで左手がスタッカートという場合です。こんな時、あなたはど …

歌うための奏法のコツと次への弾きやすさを見て指遣いを考えてみる

あなたはピアノで「歌うこと」と、どうやって弾くか?の「奏法」は別のものだと捉えているでしょうか?「 ピアノの奏法」は「技術」だとすれば(いや、技術ではあると思いますが)、それは「歌うこと」とは別かもしれません。 目の前の …

スラーの変わり目と跳躍で気を付けたいコト

ピアノを弾く時、スラーがどのように付いているかは一応チェックするけれど、スラーの変わり目を意識しているでしょうか? 音の跳躍で手が広範囲に渡って動く時、「ひぃっ!大変!忙しい!間に合わないぃぃ!」とパニックになっていませ …

アクセントとフォルテシモからのデクレッシェンドの意味を考える

アクセントの記号>を見ると、つい強気に出てしまいませんか?アクセントとは「その音を強く」という意味だと習ったでしょうか。「その音を強く」と言っても、果たしてそれはどのくらいの強さなのか、考え始めたら弾けなくなってしまった …

弾く時の窮屈感と音階ユニゾンで気を付けるべき事

ピアノを弾いている時に、何だか窮屈だなぁと感じる事はありませんか?どちらか一方の手が自分の体の前(中音域)で弾いている時や、手を交叉させる時などに窮屈だとか、弾きにくいと感じるようです。 また、両手で音階を同じ動きで弾く …

2音間スラーの打鍵で気を付けたい事と優しさのニュアンスの付け方

2つの前後に連なる音に付けられるスラーは、様々な曲の色んな所に出てきます。あなたも無意識下でたくさん目にしているはず。もはや大して難しいことではないかもしれませんね。そんな2音の間に付けられたスラーの打鍵に気を付けること …

元気の良い和音スタッカートの弾き方と付点の伸びや音の響きを想像する

スタッカートは短く切るのだけれど、そうは言ってもそのスタッカートが付けられている音がどんな長さの音なのか、どんなフレーズの中にある音なのかによっても弾き方は変わってくるでしょう。では、元気の良い和音のスタッカートなら、ど …

伸ばす音に与えたいものとテヌートからアクセントの意味を考える

2分音符や全音符やタイなどの「伸ばす音」は、どうしてそれだけの長さを伸ばすのかしら?考えたこと、あります?どうしてなんだろうね?そこ、休符にしたらいけなかったのかなぁ? テヌートやアクセントも、どうしてその音に付けられて …

4分音符とアクセントの意味を考え、てのひらで感じてみよう!

4分音符は1拍伸ばすと習ったでしょう。音の長さだけで考えればそれは正しい事ですね。でも実際に音楽を奏でる上で、4分音符がそこにある意味は何なのだろう?その音にアクセントが付いている意味は? あなたはピアノを弾く時、体のど …

« 1 2 3 4 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.