正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

自分が出す音を聴く。相手が出す音を聴く。

● 自分が出す音を聴く。相手が出す音を聴く。     小4のSちゃんがレッスンに来ました。     Sちゃんがやっているのは、バッハ「インヴェンション」の第6番。 今日ね、Sちゃん …

和音は、音の動きを見る(聴く)

● 和音は、音の動きを見る(聴く)     こんな音の、和音の動きは、 指が慣れるまで、 何を弾いているのか? どんな変化があるのか? わかりにくいかもしれませんね。     和音 …

その曲、何調?何拍子?

● その曲、何調?何拍子?わかって弾いていますか?     演奏する時に、わかっているようで、 意外と抜けているコトに、 「その曲(そのフレーズ)の調」と 「何拍子の曲(フレーズ)」を、今、弾いている …

トレモロの弾き方、6秒で解説!

● トレモロの弾き方は、バタバタさせない     トレモロって、なんか、弾きにくい? トレモロって、なんか、弾けてる気がしない? トレモロって、なんか、疲れる?     トレモロに …

フェルマータの長さを数えない

● フェルマータの長さを数えない     なぜ、その音には「フェルマータ」が付いているのだろう? その音は、どういう流れでそこにやってきたのだろう? その音は、どんなエネルギーから生まれたのだろう? …

オクターブの動きは、エキスパンダー

● オクターブの動きは、エキスパンダー     こんなオクターブの動き。 「オクターブをつかむのがギリギリだから」としても、 1つずつ、ポンポンと跳ねて行くと、 クライマックスの緊張感が損なわれてしま …

アルペジオは、親指がキーポイント

● アルペジオは、親指がキーポイント     弾きにくいアルペジオの、弾きにくさを失くすためにするコト。 ・慌てない。 ・メロディにアルペジオを合わせるのではなく、  アルペジオにメロディを合わせる。 …

手の交差で窮屈さを感じる時に使うモノ

● 手の交差で窮屈さを感じる時に使うモノ     画像の赤丸のところですが、左手は右手の上から高音部の和音を弾きます。   手の交差も、音域や広がり方によって、 窮屈さを感じるかどうかは、様 …

方向性と推進力と、拍感を表す方法

● 方向性と推進力と、拍感を表す方法     この画像のように、右手は16分音符のジグザグ走行で、 左手は8分音符でスタッカートでジグザグに・・・ という動きが続くと、方向感を失いやすいです。 &nb …

フォルテに「力」は、いらない

● フォルテに「力」は、いらない     この画像では、一番「感じて」欲しいのは、 画像2小節目頭の「16分休符」。   ここで息を吸わなきゃね。   吸ったらね、ただ腕を落とすだ …

« 1 35 36 37 54 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.