正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

水風船のヨーヨーの様に、手首を使う

● 水風船のヨーヨーの様に、手首を使う   難しいのは左手。 左手だけを取り出してみれば、全てが8分音符のスタッカートなので、シンプルです。   しかし、右手と左手で逆の動きをするのは、易しい事ではあ …

付点の「伸び」を、味わう

● 付点音符の、付点の分の「伸び」を、味わう   右手「レ|レーシ シーソ|ソーー ファミ|・・・」の「ソーー(付点4分音符)」は、このフレーズの中で、ちょっと特別♪   特別な理由は、2つ。 &nb …

腕に力をためこまないで弾く方法

● 腕に力をためこまないで弾く方法   こんな調子が、最初から最後まで延々と続く左手。 「もう、2ページ目くらいで、相当左手が・・・(涙)」   各音を「頑張って弾いている」と、腕に力が溜まってしまう …

上達のコツ

● 上達のコツはたくさんあるけれど、まずはコレ。 photo by Marco Bellucci   それは、あなたの「疑問点」を見つけてレッスンを受ける事です。   ・ここはキレイに繋げて弾きたいの …

聴く耳を育てる

● 聴く耳を育てる   右手だけなら、キレイにレガートで弾ける。 左手はベースが保持音。 保持することを意識していると、保持音が変わる時に、浮く。 左手が浮くと、右手も つられて浮いてしまう。 すると、歌が切れ …

同じ音が続く時に 気をつけたい事

● 同じ音が続く時に 気をつけたい事   右手の「レーレ|レーミ|ドーー」の、「レーレ|レー」 この2音めの打鍵・離鍵。   これは、気をつけないと、わずかでも素早くなってしまう。 すると、まるでスタ …

推進力を出すために大事なコト

● 推進力を出すために大事なコトって何だろう? photo by SpreadTheMagic 同じ速さで弾いている演奏でも、推進力を感じられるものと、感じられないものがあります。 「推進力」とは、「前へ進んで行く/前へ …

何故、音階練習が大事なのか?

・なんで音階練習が大事なんだろう?     音階やアルペジオの練習は、指の体操ではない。   それぞれの音を味わって紡ぐと、至上の音楽になる。 それを一度でも味わったことのある人は、暴走列車 …

同音連打をレガートで弾く方法

● 同音連打をレガートで弾く方法   8分の6拍子、アンダンテ。 右手は単音で、左手は和音での同音連打。   右手は全て指を替えて弾く指示に加えて、スラー。 左手は特にスラーがあるわけでも、レガートで …

覚えにくい音の動きを覚えるコツ

● 何度片手ずつ練習しても、覚えにくいフレーズがある。  それを覚えるちょっとしたコツ。   なんぼ片手ずつ練習しても、な~んだか覚えられへん! なんとか片手でスラスラ弾けるようになっても、両手で合わせると ? …

« 1 38 39 40 50 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.