正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

音価の違う音になった時の数え方

● 音価の違う音になった時の数え方に、気をつける   16分音符フレーズから8分音符や4分音符、 8分3連音符フレーズから連符ではない普通の8分音符など、 音価の違う動きになった時、拍感が一気に崩れ、 おかしな …

広がる手は、作るもの

● 届かなくても、ジャンプの必要はない   右手の「ソシミレシソ」から、1オクターブ上の「ソ」への開きは、スラー付き。 まだオクターブが届かない、小さな手で、これを繋げて弾くのは、厳しいことです。   …

速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にする

● 速いパッセージこそ、準備とタイミングを大事にする   最後を、ガツン!と決められたらカッコイイ曲、 ありますよね。   ガツン!とカッコ良く決めるつもりが、 あ〜ぁ。。。滑っちゃった・・・  とか …

重音スラーの意識の置き方

● 重音スラーの意識の置き方   画像の左手です。 2つの重音に、スラーが付いています。   ペダルの助けを借りて、響きのレガートにする方法もあるけれど、 基本を押さえておきましょ。   響 …

フレーズを綺麗に伝えるために、頭を離そう!

● フレーズを綺麗に伝えるために、頭を離そう!   右手の「付点2分音符」の動きが、美しい歌。   この画像の前の小節の「4分音符のレ」から、歌は始まります。   綺麗な歌なのだけれど、気を …

同じ音でスタッカートが続く時

● 同じ音でスタッカートが続く時   スラー付きの、レガートな動きの後に、 こんな風に、同じ音のスタカートが続きます。 もし、そこにスタッカートがなかったとしたら?   同じ音を続けて弾く時、それを「 …

スラーとスタッカートの組み合わせ

● スラーとスタッカートの組み合わせを、楽しむ   両手共にスタッカートだと、軽快に弾くのは難しくない。 ところが、ひとたび右手にスラーが入ると、 無意識のうちに左手もつられてしまう。   スタッカー …

スラーは、なんとなく付いているのでは、ない。

● スラーは、なんとなく付いているのでは、ない。   「スラー」って、何のために付いているんでしょう? スラーが付いている間の音達は、手を繋ぐように、重ね合わせて奏でたいから   だよね? それは、「スラーが付 …

何を聴いたら終われるんだろう?

● 何を聴いたら終われるんだろう?   ちゃんと、「終わり」に向かって行きたいのに、 何だか、しっくりこない。 何が良くないんだろう?   どう歌ったら、いいんだろう?   右手の動きを歌う …

「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!

● 「てのひら」は、口。歌のニュアンスを感じよう!   ピアノを弾く時、私たちの「手」は、歌う時の「口」の役割を果たす。   「指先」は「舌先」だろうか。 「てのひら」は、「口内」だ。 だから、「ての …

« 1 42 43 44 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.