正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

同じ音が続く時は、どうやって弾いたらいいだろう?

● 同じ音が続く時は、どうやって弾いたらいいだろう?       この画像だと、左手です。   1小節目は、単音で同じ音が続きます。 2小節目は、同じ和音が4つ続いて変化して、また …

客観的に自分を見るコトの勧め

● 体感速度と実際は、違う。客観的に自分を見るコトの勧め。   練習していて、自分で「あ!ここ、違う!」 「こう弾きたいんじゃ、ない」 「こう捉えればいいんじゃない?」 「どうしたら、思うように弾ける?」 とか …

バランスが悪いと感じたら、歌いたい所を歌ってみる

● バランスが悪いと感じたら、歌いたい所を歌ってみる   上の画像と、 こちらじゃ、作曲家さんは違いますし、年代も違いますよ。 古典派とロマン派。 (1枚目はベートーヴェン作曲「悲愴ソナタ」第二楽章、  2枚目 …

スタッカートの軽さを想像する

● スタッカートの軽さを想像する   スタッカートの軽さを想像する。   上の画像のスタッカート二種。 左手の単音で、テヌートも合わせて付いているスタッカートに、 右手の和音のスタッカート。 それは、 …

もし、そこに装飾音がなかったら?

● もし、そこに装飾音がなかったら? の「間」を、味わう   「れーーミレドレふぁーみれ」 装飾音を入れるタイミングや、そのニュアンスは、人により、千差万別でしょう。 感じて欲しいな、と思うのは、 「もし、そこ …

2度ずつ上がっていく違いを、感じる

● 2度ずつ上がっていく「気持ち」や「響き」の違いを、感じる   「ふぁそふぁみれ」から、2度上がって、 「そらそふぁみ」、更に2度上がって、 「らしらそふぁそふぁみふぁそらしどー」、と発展していく。 &nbs …

速いフレーズは、ノリどころを作るとイイ

● 速いフレーズは、ノリどころを作るとイイ   16分音符で音階が続くフレーズや、アルペジオのフレーズは、 無意識のうちに、走りやすい。   もう一方の手で、拍を刻む音が入る場合は、まだ良いのです。 …

音の形の通りに腕を使うと、良い

● 音の形の通りに腕を使うと、良い   こんなフレーズを紡ぐ時、あなたは何を気をつけるのでしょう? 1音1音を、間違えないように? 幾つ弾いたか、数えている?   この序奏、この序奏4小節で「一つ」と …

スタッカートの意味は、音によって、違う

● スタッカートの意味は、音によって、違う   「スタッカート」のニュアンスは、その音によって変わります。 もちろん、スタッカートだけじゃなく、レガートの具合だって、アクセントだって、スフォルツァンドだって、リ …

響きの中から、見えてくるもの

● 響きの中から、見えてくるもの 長いこと、何度も向き合ってきた曲なのに、向き合うたび、新たな発見がある。 どんな曲でも、そういうこと、ありませんか?   美しい響きの和音が動いていく。 それは四声、まるで混声 …

« 1 42 43 44 54 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.