正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

音の動きの通りに歌う

● 音の動きの通りに歌う   例えば、この次に向かって行く時。 「向かって行くのだー!」 という、クレッシェンドのような気持ちで弾いていた、とします。 こんな時が、ちょっと注意です。   「目標に向か …

指使いは、次に向けて考える

● 指使いは、次に向けて考える   東京レッスンのリピさんから質問が飛んできました。   Q・画像の3小節目の左手の和音、「ファソシレ」の指使いは、どれがオススメですか? A・下から「5421」が良い …

頑張る頑張らない、手前か奥か?真逆をいく

● 頑張る頑張らない、手前か奥か?真逆をいく 右手も左手も、それぞれ二声あります。 右手は上声がメロディ。 下(内)声はハーモニーを成す伴奏。 しかし、その開きがオクターブに及ぶため、手はつい、一生懸命開いて、鍵盤に這い …

音域移動は、前もって「素早く」用意する

● 音域移動は、前もって「素早く」用意する   今日は、画像の右手のお話。   「・ファソ ソファソ ソファソ ソファソ」 と、音域を移動していきますね。   初めの「ファソ」は、多分に「2 …

同じ音が続く時は、指先に耳を!

● 同じ音が続く時は、指先に耳を!   どんな曲の、どんなフレーズでも気をつけたいのが、 同じ音が続く時。 ※ そこに「スタッカート」が付いていない場合です。   同じ鍵盤を打鍵するから、指を上げない …

2音間スラーの打鍵法は、1つじゃ、ない

● 2音間スラーの打鍵法は、1つじゃ、ない   ヘ音記号(下段)に描かれている16分音符の動きです。   これはヘ音記号のところに描かれていますが、実際に弾くのは、右手。 「ソ」と「シ♭」の2分音符和 …

分散和音を弾きやすくする方法

● 分散和音を弾きやすくする方法   こんな左手。 一つ目は「レシレ」、二つ目は「レドミ」。 オクターブは超えないけれど、このような分散和音が続くと、だんだん手がしんどくなってきませんか? 窮屈さを感じたり、し …

そよそよと水を揺らぐように弾く

● そよそよと水を揺らぐように弾く   問題は、画像の右手、第2拍の、16分3連符の「ドッミッラッドッミッラッ」です。 どうも、スタッカートを見ると「威勢良く、はねなくちゃ♪」と、無意識のうちに、思ってしまうよ …

同じ方を向いている音で、グループ分けする

● 同じ方向を向いている音で、グループ分けする   右手の16分音符フレーズ。 「ドミレド シレドシ|ラドシラ ソシラソ|ファラソファ ミソファミ|レファミレ ドミレド」 何だか回転するように、坂道を転がり落ち …

欲しい音を出す方法

● 欲しい音を出す方法     美しい曲は、美しくバランスをとって響かせるのは、易しい事ではないのがツラいところ。 欲しい音、聴かせたい音は、上のラインなのに、そう思って弾いているのに、聞こえてくるの …

« 1 44 45 46 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.