正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事
  • HOME »
  • 新着記事 »
  • 演奏法

演奏法

体で迫らない

● 盛り上げたい時に、体で迫らないこと   曲には、「盛り上がる所」があります。 それは大きく分けるなら、二種類。   「曲として一番盛り上がる所」と、「小さなフレーズの中で盛り上がる所」です。 &n …

「塊でポジション移動」の感覚を覚える

● 「塊でポジション移動」の感覚を覚える   こんな交互奏も こんな交互奏も。 両手交互だし、移動が多くて忙しそう! きゃーもう!音、つかめなーい!!わかん・な・いーーーー!!! って、慌てないでね。 音の動き …

同じ音だけど、違う音色が欲しい時

● 同じ音だけど、違う音色が欲しい時は、何かを変えたい   同じ音が続く時、その音(響き)のニュアンス/意味が変わる時があります。 例えば上の譜例のように。   左手で繰り返されてきた「ファとド」の和 …

分散和音は、和音化して練習する

● 分散和音は、和音化して「型作り」と「移動」の練習をする   このように、「分散和音」が続くフレーズなら、その「分散和音」を「和音」として掴む練習をします。 それぞれの「分散和音」は、1音ずつ「弾きに行く」わ …

小節をまたがるスラーに注意

● 小節をまたがるスラーに注意   3拍子の曲に、多く見られるような気がします。 譜例の右手ですが、第3拍の音と、次の小節の第1拍の音が「スラー」で繋がっています。 スラーで繋がる二つの音は近いので、指先に意識 …

上達する秘訣

● 上達する秘訣は何だと思いますか? 振り返るスピードです。 computer expert by KarenBaijens   教室の発表会や、サロン・コンサートが終わると、必ずやる事があります。 それは、撮 …

指使いは、次への弾きやすさを考える

● 指使いは、次への弾きやすさを考える   右手の和音です。 下から「ラシレファ#」ですね。 これ、パッと音を見たら、「1235」もしくは「1234」の指で取るのではないでしょうか?   しかしこれ、 …

【レッスン動画】手首を支えるだけで変化する

● 手首が落ちるから指がバタつく。だから手首を支えてあげる。   手首が下がってしまい、1音(1指)打鍵するたび、全ての指がバタバタしてしまう小3Uちゃんです。 レッスン中は、私はずっと彼女の手首を支えています …

奏法と、歌

● 奏法を「面倒」がると、歌がおかしくなる   右手に注目しましょう。 右手は8分3連符で進行していきますね。 でもこれ、実は二声になっています。   これは、8分3連符の第1音を「押さえておく=保持 …

フレーズは、大きく捉える

● フレーズは、大きく捉えよう!   三度和音のレガート奏法そのものも、大事です。 でも、今日は別のお話をしましょう。   スラーの付き方≠1フレーズ これですよ。 スラーの付き方を正しく読み取るのは …

« 1 44 45 46 50 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.