正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

言い方次第で歌になる

● 言い方次第で歌になる   ちょっとユルいお話です。 でも、奏法や解釈のヒントになれば、と思います。   近所の「7・11(セブンイレブン)」に、アイスを買いに行きました。 そうしたら、レジのおばち …

突然訪れる静寂の、作り方

● 突然訪れる静寂の、作り方   この画像には表示がないですが、これ、「フォルテ」での、音階下降フレーズです。 一気に落ちてくる・・・ まるでジェットコースターで急降下するよう。 なのに・・・その直後ってば、こ …

フレーズの変わり目は、ニュアンスの間

● フレーズの変わり目は、ニュアンスの間 1小節ごと、一つのフレーズになっています。 1小節ごとに、歌の音域が変わっています。 画像の1段目、小節線の所に、赤丸を付けているのがわかるでしょうか?   もし、あな …

手前へ引かず、上げて奥へ

● 手前へ引かず、上げて奥へ   装飾音が付いてスラー、レガートで弾くとなると、 和音でスラー、レガートで弾くとなると、 途端に息が止まって苦しくなってしまう。。。 なぜ、鍵盤に「しがみついて」「息をする事を、 …

音の方向を、自然に捉える

● 音の方向を、自然に捉える   左手やわ〜。 左手で速い音符のフレーズって、めっさ弾きにくいねん!!! です。   しかも、「1→4→3→2→1・・・」っていう動き。 弱い「4」の指を使うわけだし。 …

タイを含むフレーズは、タイの音を意識する

● タイを含むフレーズは、タイの音を意識する     この右手のように、各拍の終わりから次の拍へ「タイ」で音が繋がれている場合。 左手はずっと8分音符で動いているので、右手は左手に「合わせればいいや〜 …

縦ではなく横(前)への動きにするために

● 縦ではなく横(前)への動きにするために   ドソミレ ドミドシ ラシドラ 「拍」は大事です。 拍を感じるコト、拍にのるコトは大事。   だけど、杓子定規の拍にのるだけだと? 縦の動きになってしまう …

学ぶ時に気をつけたらいいこと

● 何かを学ぶ時に気をつけたらいいこと   せっかく自ら欲して学ぶなら、きちんと「実」にしたいものです。 自分の「身」につけて「実」にする、最速の方法があります。   それは、学んだ事を、 &nbsp …

イメージの持ち方

● イメージの持ち方     このリズムにスタッカート。 軽く飛び跳ねるようなダンス。   「なんか、お相撲さんの踊りみたいになってるよ! お相撲さんじゃなくてね、◯◯ちゃんのような、 小さ …

音を、立たせよう!!!

音を立たせる?ピアノで音を立たせるとは一体どうやるのでしょうか?   最後までたどり着くと、ホッとしちゃう? うん、最後までくるまでに、たくさんの困難があったものね。 わかるよ。うん。   だけど、本 …

« 1 44 45 46 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 千の音(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.