正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

伸ばす音を意識すると、生き生きしてくる!

● 伸ばす音を意識すると、生き生きしてくる!   右手と左手は、会話。 パパ:今日 会社でさ~ ママ:なぁに?(ワクワク) パパ:ちょっとミスしちゃってさ~ ママ:何それ~(⤵︎) みたいなね。   …

聴きたい音を聴いたら、大丈夫!

● 聴きたい音を聴く事に集中すれば、大丈夫!   聴かせたいラインは「外声」なのに、いざ弾くとなると、両手の内声トレモロを合わせる事に、必死!になってしまいます。 もう頭の中では、「合わない!きっとまたズレる! …

3段階戦法

● 3段階戦法を考える   上を経て、 このように発展していく。   3回、同じように弾くのでは、つまらない。あまり面白くない。飽きる。しつこい(言い過ぎ)。 でも、会話でもあるよね!   …

音の長さにも、意味がある

● 音の長さにも、意味がある   ♪どーそ|しーーー|ーーー・ドレファシラ・・・♪(右手)   視覚的に受ける印象は、とても大きいな、と思います。 その小節の幅が狭いだけで、「このくらい短い」と思い込 …

その音は、どこへ向かっていくのか?

● その音は、どこへ向かっていくのか?を、考えたい   このフレーズ、左手に、とても気をつけたい音の打鍵があります。 さぁ、どこだと思いますか?   それは、画像の3小節目の終わり、8分音符の「ソ」で …

音階を音楽的に弾く

● 音階を音楽的に弾く   音階は、指の体操ではありません。 でも私は、音階とは、徒競走みたいなものだと思っていた子供時代でした(汗)。   指使いを間違えず、速く弾ければ最高点!みたいな、勘違いも甚 …

クレッシェンドの方向性

● クレッシェンドの方向性を示す   「クレッシェンド」も「デクレッシェンド」も、記号で書かれていると見てわかりやすいでしょう。 「cresc.」「decresc.」「dim.」などと言葉で書かれると、見落とし …

ユニゾンの弾き方を、考える

● ユニゾンの弾き方を、考える   圧倒的に人気の高いこの曲、あなた様もお好きでしょうか? この曲に限りませんが、ユニゾンで始まる曲って、とーっても難しいです。 ※ ユニゾン=両手共に同じ動きをする事。平行奏。 …

体で迫らない

● 盛り上げたい時に、体で迫らないこと   曲には、「盛り上がる所」があります。 それは大きく分けるなら、二種類。   「曲として一番盛り上がる所」と、「小さなフレーズの中で盛り上がる所」です。 &n …

「塊でポジション移動」の感覚を覚える

● 「塊でポジション移動」の感覚を覚える   こんな交互奏も こんな交互奏も。 両手交互だし、移動が多くて忙しそう! きゃーもう!音、つかめなーい!!わかん・な・いーーーー!!! って、慌てないでね。 音の動き …

« 1 48 49 50 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.