正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

頑張らない。ただ「聴く」だけ。

● 頑張らない。ただ「聴く」だけ。   アーティキュレーションに、気を配って練習してきたのがよくわかる演奏。 えらいね、よく気をつけて練習してこれたね。 本当にえらいよ! さて。そこまで出来るようになったらね、 …

空間を感じとると、音の息づかいを伝えられる!

● その音の伸びを「もっと耳を澄まして聴いてごらん!」  そうしたら、その音の息づかいを伝えられるよ。   ユニゾンで始まるフレーズ、この第1音は、どんなイメージの音?   イメージしたその音の響きを …

ポパイはソナタ形式だった!

● ポパイは、まるでソナタ形式!   漫画「ポパイ」は私の子供時代からあります。 いつも決まったストーリー展開です。   恋するオリーブとポパイは悪漢ブルートに邪魔され、オリーブがさらわれそうになる。 …

指づかい・ポジションは、前後関係を見て用意する

● 指づかい・ポジションは、前後関係を見て用意する   左手の「リズムだけ」を見ても、「それぞれの和音だけ」を見ても、そう難しい事じゃない。 初めの「シンコペーション」は、すべて同じ音だ。 その後の3つの和音は …

オクターブ下降フレーズをラクに弾く方法

● オクターブのジグザグ下降フレーズをラクに弾く方法   左手のオクターブ・フレーズ、 「ソーーファソレミシドラレー」。 オクターブで音が下がったり上がったりのジグザグ走行。 しかも速い。 こういうのはミスしが …

音のバトンを渡してあげよう!

・音は発したら(打鍵したら)終わりじゃない!   ちゃんとバトンを渡してあげよう♪   「ドレミファソファミレ|ドレミレドーー♪」 音の並びはむずかしくないね♪ この曲のタイトル、わかってる?   こ …

水風船のヨーヨーの様に、手首を使う

● 水風船のヨーヨーの様に、手首を使う   難しいのは左手。 左手だけを取り出してみれば、全てが8分音符のスタッカートなので、シンプルです。   しかし、右手と左手で逆の動きをするのは、易しい事ではあ …

付点の「伸び」を、味わう

● 付点音符の、付点の分の「伸び」を、味わう   右手「レ|レーシ シーソ|ソーー ファミ|・・・」の「ソーー(付点4分音符)」は、このフレーズの中で、ちょっと特別♪   特別な理由は、2つ。 &nb …

腕に力をためこまないで弾く方法

● 腕に力をためこまないで弾く方法   こんな調子が、最初から最後まで延々と続く左手。 「もう、2ページ目くらいで、相当左手が・・・(涙)」   各音を「頑張って弾いている」と、腕に力が溜まってしまう …

上達のコツ

● 上達のコツはたくさんあるけれど、まずはコレ。 photo by Marco Bellucci   それは、あなたの「疑問点」を見つけてレッスンを受ける事です。   ・ここはキレイに繋げて弾きたいの …

« 1 48 49 50 53 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.