正しい呼吸で脱力、身体をラクに使って楽しくピアノを弾く方法、教えます!
新着記事

ピアノ奏法

何故、音階練習が大事なのか?

・なんで音階練習が大事なんだろう?     音階やアルペジオの練習は、指の体操ではない。   それぞれの音を味わって紡ぐと、至上の音楽になる。 それを一度でも味わったことのある人は、暴走列車 …

同音連打をレガートで弾く方法

● 同音連打をレガートで弾く方法   8分の6拍子、アンダンテ。 右手は単音で、左手は和音での同音連打。   右手は全て指を替えて弾く指示に加えて、スラー。 左手は特にスラーがあるわけでも、レガートで …

覚えにくい音の動きを覚えるコツ

● 何度片手ずつ練習しても、覚えにくいフレーズがある。  それを覚えるちょっとしたコツ。   なんぼ片手ずつ練習しても、な~んだか覚えられへん! なんとか片手でスラスラ弾けるようになっても、両手で合わせると ? …

内声は、水中に入って行くように

● 内声は、水中に入って行くように   これは、メインのメロディは内声です。   冷静になれば、内声が歌だ、と わかるのに、実際に鍵盤と向き合うと、歌はどこへ?   どこかへ消えてしまう原因 …

オクターブが届かなくても、出来る事はある!

● オクターブが届かなくても、出来る事はある!   右手です。   問題は「シラ#シ シ(オクターブ上)」です。 その前の小説は、「レミレ」「ド#レド」と、同じ動きをしています。 二度音程で、上がって …

保持音を聴き続ける

● 保持音を聴き続ける   「保持音」、左手です。 左手の各小節第1柏の2分音符。   でも、この画像のパターン、2拍維持するのは、思いの外 大変です。 このパターンは、よく出てきますね。 &nbsp …

オクターブでの音階を弾く時の、ちょっとしたコツ

● オクターブでの音階を弾く時の、ちょっとしたコツ photo by kevin dooley   オクターブ・フレーズは、ちょっとツラい・厳しいと思う方が多そうです。   ただ8度音程での移動でも、 …

腕の力が抜けている状態を知る

● 腕の力が抜けている状態を知る ♥ photo:Oops… by bikeracer 気をつけていても、弾いている最中に、だんだん腕がしびれてくるような、重くなってくるような、大根おろしをやっちゃった後みた …

脱力*オクターブ・トレモロや跳躍の場合

● オクターブ・トレモロや、跳躍での脱力の仕方   大人のあなた、諦めちゃいけません!   練習を一生懸命になってやればやるほど、突き当たる怖い壁があります。 それは、一生懸命が故、次第に体中に力が入 …

複数の音のラインを同時に聴き続ける方法

● 複数の音のラインを同時に聴き続ける方法   ピアノ弾きは、両手両足を同時に、別の動きをしなければならないので、まるで聖徳太子のようで、スゴイ!です。 えらいですよね、私たちって(笑)。 こんな大変な事を一生 …

« 1 48 49 50 52 »

メールマガジン

奏法・身体の使い方、心の持ち方について、月・木曜日の朝6時に配信。 ご購読は無料です。
メルマガ購読・解除
荒井千裕*音の綴り方
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © 荒井ピアノ教室(ARAI CHIHIRO PIANO LESSON) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.