● ショパン「ピアノ協奏曲第1番」第一楽章から、女子高生と練習を録画

o0550041613324647113

 

女子高生の一人が、ショパン「ピアノ協奏曲第1番」第一楽章に挑んでいます。

彼女がレッスンでピアノ協奏曲に取り組むのは、これが2曲目です。

長い曲ですが、コツコツと積み重ねています。

今日のレッスンでは、途中までを合わせてみました。

まだまだこれからですが、現状の記録を残しておきます。

 

 

レッスンでピアノ協奏曲を学んだからといって、オーケストラと合わせられるわけではありません。

しかし、高校生のうちに、出来る限り、幾つかのピアノ協奏曲に取り組んでみる。

強く願えば、いつかオーケストラと合わせる機会が訪れるかもしれない。

 

もし、オーケストラとやってみたいな、と思って、例えばこれからコンペティションを受けるとしましょう。

そんな時に、それまでに取り組んだことがあるか、ないか。

二台ピアノででも、合わせたことがあるかどうかで、心具合が変わってくると思います。

 

荒井ピアノ教室(香港)では、二台ピアノやピアノ協奏曲を多く取り入れています。

 

 

ご覧下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。