● 2音間スラーで、気をつけたいコト

1508251

 

2つの音につくスラー。

この打鍵の動きは一つです。

1音目で指を鍵盤に落として打鍵する。

その指を鍵盤から離す前に、2音目を打鍵して離す(上げる)。

 

「落として上げる」

しかし、一様に「落として上げる」と思わない方が、良いですね。

 

1508252

 

1音目は、右足を踏み出す。

そして2音目では、左足を踏み出す。

その状態を思い浮かべてごらん。或いは今、歩いてみましょうか。

 

スラーは「つなげる」という意味ですね。

右足が先に出ても、次に左足が出てくる時、もうそこに右足がない、という事はないでしょ?
(歩く、場合です)

左足が出てくる時も、右足は連動して動きがあるよね?

それが、「スラー」ね。

 

じゃあ、左足が次に離れる時(2音目の離鍵)は、どうでしょ?

いきなりそこでジャンプする?

うん、そういう事もあるよね。

でも、この場合だったらどうかしら?

って、考えて弾きましょう。

 

2音間スラーの離鍵は、アクセントが付いたりスタッカートで飛んで不自然じゃないか?

自分が出す音をよく聴いて、考えようね。

 

 

使用楽譜はこちらです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。