● バイエル「右手のための変奏8」を、小3ちゃんと連弾

o0550041513542147565

小3の I ちゃん、一人で だと弾けるのですが、連弾する(二人で一緒に弾く)と、途端に脳から指への伝達が、ちょっとおかしくなってしまいます。

でも、一人で弾いてもらうと、やっぱり弾けるのです。
一人で弾いている時の I ちゃんに注目していて気付きましたよ。

彼女は楽譜を読んでいくことが、どういうことか、わかってきています。
目は、今弾いている所より、先をちゃんと見ているんだもの。

だけど、連弾するとね、やっぱり自分が弾く以外の音が聴こえてくる、というのが理解できなくて(脳が混乱して)、目が泳いじゃうのです。

I ちゃん、「できない~~~!」って、半泣きというか、心が折れそうに。

だから、もう一度、伝えました。

「一人で弾く時と同じように、常に、目は今弾いている音より、少し先、少し先を見るようにね。」

そう言って、もう一度、合わせてみた。

そしたら、今度は伝達がうまくいって、ちゃんと弾けたのです!!!
弾き終わると同時に顔を見合わせて、体くっつけて、二人で「出来たね!!!」と大喜び。

自信をなくしたまま帰したら、ダメだから。

使用楽譜は、こちらです。

合わせる時の、楽譜を見るのに意識をどこに持っていくかを、わかってもらえて、体感してもらえて良かった!

でも、もちろん、これだけでは音楽にはならないので、課題はいっぱいあります。

大人だって、出来ない事が続いたら凹むのですから、子供たちの心には、ちょっと気を配らないといけない、と思ってます。

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのレッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。