● 和音のトリルを安定させる、ちょっとしたコツは、重音レガートと同じ。

o0640036712768815491

 

和音に付いているトリルもいろいろありますが、
この画像のような場合。

トリル音は変化しません。
トリルは常に「ミ」についています。

 

その下の音が小節事に変化していきますね。

気をつけたいのは、重音が変わるたびに(タブン無意識のうちに)手を鍵盤から離して、

「次の和音の形」を取り直す事。

すると、トリルがそのたびに切れます。

 

これらは、「ラとミ」「ラとレとミ」「ラとドとミ」の和音のように見えますが、

実はニ声です。

音符の棒の向きを見るとわかるでしょう。

 

「ミ」を「2」の指でとり、「ファ=1」と合わせてトリルを弾きます。

重音が変わる時は、「ファ=1」の指先が常に鍵盤を打鍵している状態にあれば、浮いてしまって切れることはありません。

 

練習法としては、和音を取り直す時に、「1」の指で打鍵したまま、他の指を上げる。
そしてその状態で一時停止する、という練習が有効です。

お読み下さり、ありがとうございました。

 

 

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

・香港教室*毎週の定期レッスン
・香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!
スポンサーリンク