● 自分の演奏を自分で見て聴いて、必要な事を自覚する

o0550041613691466138

 

先日のレッスンでの事です。

小6のLちゃんとの、モーツァルト「トルコ行進曲」二台ピアノ。

合わせるには、大事な事はいっぱいあるけれど、まずは、「同じテンポで弾き続ける」事が出来なければ、ね。

だけど、自覚できないと、直るものも直せない。

 

大抵、レッスンで動画を撮ると、それをYouTubeにアップしたものを、各自がチェックします。

だけどこの日、Lちゃんは「今、観たい!チェックしたい!」と言い出した。

わかった。じゃ、今から観よう。

その代わり、観ながら聴きながら、自分で「何を直すべきか、何に気をつけて練習すべきか」を、自分で楽譜に書き込みなさいね。

と言い渡し。

するとLちゃん、私が伝えたかった注意事項に、全て自分で気付いて楽譜に書き込んでいました♪

こちらが、Lちゃんがチェックした動画です。

来週のレッスンが楽しみです!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。