● 2016年も、東京レッスン、ありがとうございました!

 

こちらも、日が経ってしまいました。
ご関係者の皆様、遅くなってごめんなさい、と、ありがとうございました!

先日、2016年の東京レッスンを、全て終了しました。

支えて下さり、お集まり下さった皆々様のお陰様です。

今回は、半数以上がリピーターさん方。
もう勝手知ったる仲・・・かな?(嬉しい!)

初めましてさんが御三方おられましたが、
そのうちお二人とは面識がありました。

もうお一人は、本当の初めまして、でしたが、
何度かメルマガからメッセージを頂いておりましたので、
お目にかかれるのが、本当に楽しみでした。

では、2016年最後のレッスン曲から。

・リベラ「生命の奇跡」
 〜教本の使い方あれこれ

・ラヴェル「ソナチネ」第2楽章

・シューマン=リスト「献呈」

・ドビュッシー「前奏曲集第1巻」から”沈める寺”

・ショパン「黒鍵のエチュード」

・ドビュッシー「喜びの島」
 〜「ゴッドファーザーのテーマ」

・ショパン「エチュード」”エオリアン・ハープ”Op.25-1
 同「エチュード」Op.10-10

・バッハ「シンフォニア第6番」、「第9番」

・ラフマニノフ「プレリュード」Op.23-5

・ラフマニノフ「二台ピアノのための組曲第2番」第3楽章”ロマンス”
 同第4楽章”タランテラ”

 

毎回、お集まり下さるメンバーは、違います。
(毎回、レッスンを受けて下さる方々も、おられます。)

それなのに、何故か毎回、「その時」に皆様それぞれが欲する事・私が提示する事は、ほぼ同じなのです。

毎回、自分で驚きます。

「あれ? さっきも同じ事、言ったよね?」って。

今回はね・・・

・呪縛を解く(楽譜から、鍵盤から、思い込みから)

・人は、音楽を聴いているのではなく、演奏している「あなたを観ている」

・音の聴き方・音を聴けるから、ふさわしい「間」が取れる(「間」の取り方)

・小指はどこから生えてるのさ?

・音の響きを飛ばすための、腕の回転の仕方

この辺りが、多くの皆様に共通した事でした。

翌日、すぐにフィードバックを下さった皆様に、大感謝!です。

いっぱい、いっぱい、伝えたい事が、あります。

だけど、それは、レッスンにいらして下さった皆様それぞれに、

お伝えすべきだと思うので・・・

ここでは書きません。

ただただ、本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回のレッスンだけじゃなく、2016年のどこかで、
勇気を振り絞って、レッスンのことで
メールを下さったから、私たちは始まりました。

これは、先日の末次先生のバッハ講座も同じ事。

みなさん、「勇気を出して」、一歩を踏み出して下さったから、

今に繋がっているのです。

ご縁を頂いているのです。

本当に有難い事だと、感謝の気持ちしか、ありません。

  ありがとうございます!!!

私は、皆さんが、大好きです!

あ、誰でも大好きなわけじゃないですよ、もちろんね。

勇気を出して、一生懸命、私にぶつかってきてくださった、

そんな「あなた様」方だから、私も、真正面から向き合っています。

そんなご縁を頂けたことに、本当に、感謝しております。

今後、再会があろうがなかろうが、

私とのレッスンで、あなた様が感じられた事が、

あなた様の今、これからの、何かのヒントになって、

蕾が花となって咲く事を、

その経過を、嬉しく想像し、願っております!

今年、私に関わってくださった事にも、

感謝の気持ちをお送りします。

レッスンの事を、記事に書いて下さった方々のご紹介です。

・グリーンライト音楽教室の、なみき先生。

 

・Tuttiピアノ教室の、高細千尋先生。

 

本当に、ありがとうございます!

  みんな、大好き!

お読み下さり、ありがとうございました。

 
荒井千裕 拝
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。