● 聴く耳を育てる

o0550035513660225110

 

右手だけなら、キレイにレガートで弾ける。

左手はベースが保持音。

保持することを意識していると、保持音が変わる時に、浮く。

左手が浮くと、右手も つられて浮いてしまう。
すると、歌が切れ切れになる。

 

レガートで弾いている つもりなのだけど。

弾いているつもりでしょ?
でも、切れているよ。一緒に浮いてるよ。

 

それをね、よく聴くように。
それだけでいいから。
他の注意は、今週はいいから、それだけを、気をつけておいで。

 

と言い渡したのが、先週のレッスンのこと。

そして昨日のレッスン。

 

はじめの1フレーズ以外は、見事に「繋げられ」ました。

よく気をつけてきたね!大分良くなったよ!

と言えば

 

「だけど、1回目だけ 切れちゃったの」

とMちゃん。

スゴイ!
ちゃんと 自分の耳で聴けるようのなったのね!!!

スゴイ!スゴイ!

 

自分の音を聴けるようになったなら、これから もっと楽しくなるし、伸びていくよ♪

自分が出す音を「聴く耳」を育てる事は、本当に大事。

大人になっても、ずっと、課題だもの。

 

聴く耳を、育てて参りましょう!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕  拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。