● ベンジャミン「ジャマイカ・ルンバ」

vamo tumbero a la rumba, vamo a gozar! by Norte_it [Dario J Laganà]

 

香港教室の記録です。

オーストラリア出身で、イギリスの作曲家である
アーサー・ベンジャミンと言えば、この
ジャマイカ・ルンバ」と言うくらい、
ベンジャミンさまの代名詞のような作品。

この曲のお陰で? 「ジャマイカ」という国が有名になったと、
ジャマイカ政府から1樽のラム酒が贈られた、という
エピソードも有名どころでしょうか。

楽譜には「1分半」と書かれているのですが、
1分半で弾くには、相当テンポを上げなければなりません。
いろんな方の動画を観ても、1分半の演奏はレアです。
ほとんどが2分強〜3分弱。

大人の生徒さんと合わせているのですが、
どのくらいのテンポで弾くと、
心地良いか? いろいろやっていました。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。