● 4歳と5歳の垣根

Child, Come back. by Viva La Marx

 

香港教室5歳ちゃん。
(先日の「初めてのフラット」の5歳くんとは別で、こちらは女の子。)

先週はお休みだったので、
昨日のレッスンで発表会の話を。

彼女も、「初めての発表会」です。

さぁて、どんな反応をするかしら?
「はっぴょうかい」って、わかるかなぁ?

と、ちょっとドキドキしながら、
曲を幾つか用意して、待っていました。

(ここ、親御さんが、いろいろお話ししていて下さるご家庭と、
 全てを私に委ねて下さるご家庭とに分かれます。)

レッスンに見えるまで、ママさんが
発表会のコト、何かお話ししていたかな?
と言うのは、わからないので、ドキドキしていたのですが。

なんと!

「わたしも!自分で 弾く曲を決めたい!」

と言っていたのだそうで、
今、使っている楽譜の中から1冊を出して、
弾きたい曲のページを開いて、

「これ!わたしは、これを弾きたいの!」

と、教えてくれました♪ 可愛い〜・・・♡

 

5歳ちゃんも、5歳くんも、
それから、うちの教室での発表会は初めての、
小2くんも。

今の時点で希望する曲は、
あっという間に弾けるようになってしまうかも、しれない。
日々成長しているのだから、
日々、読めるようになる音域が広がっているのだから、
日々、一週間で出来ることは増えていくのだから、

これは今決めた曲で、
まだこれから、曲は変えてもいいんだよ、

 とお話ししています。

 

しかしこの5歳ちゃん、
自分で曲を選びたい!って思って、
しっかり弾きたい曲を選んできた、と言うところが、
素晴らしい♪

 

その上!

彼女は、ママさんと前後でレッスンをしています。
いつも、5歳ちゃんのレッスンが終わると、
ママさんのレッスン。

ママさんのレッスン中は、5歳ちゃんは
塗り絵をしたり、折り紙をしたりして、
待っていました。
それで、塗り絵と折り紙が終わると、
もう、つまらなくなっちゃって、
ママのレッスンが終わるのを待てなくて、
ピアノを弾いてるママにハグ〜!って
ぴったりとくっついていました。

ところが前回と昨日は、
ズーーーーーーーット!
自分のワークブックを進めていました。

何ページも、何ページも。

塗り絵はもう、別にいいや、って感じ。
お家でやればいいや、みたいな。

すご〜い!大人になったねぇ・・・

なんて、思わず言ってしまったら、ママさんが

「5歳になったからね〜」

って。

 

5歳くんのレッスンでも感じているのですが、

4歳と5歳の差と言うか、

居るフィールド、見えているものとかが、
ずいぶん変わるんだなぁ、と。

もちろん、人それぞれです。
子供によっても、違います。

それが、3歳と4歳で、すごい違いを感じる子も
居るでしょう。
5歳と6歳の差を凄く感じる子も、居るでしょう。

 

でも、明らかに、皆、成長してるんだよね。

すごいな〜。

いつも、同じメガネの中から見てたら、
ダメですよね。

うん。

と感じているこの頃。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。

香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。

ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。