● きよしこの夜 誕生秘話

 

1818年のクリスマスが近づいたある日、
オーストリア、ザルツブルグ近郊の村
オーバンドルフでの事。 

 

この村には、聖ニコラウス教会がありました。 

クリスマスの準備がすっかり整った教会に、
オルガン奏者が練習にやって来ました。  

しかし、ちっとも音がでません。 

ねずみが、この古いオルガンのふいごを、
かじってしまっていたのです。 

オルガンが壊れてしまっては、
クリスマス・キャロルは歌えません。 

 

そこで主任司祭に「わけ」を話すと、
ジョゼフ・モア神父は暫く考えて、 
クリスマスの短い詩を書きました。  

それから、友だちのオルガニスト、 
フランツ・グルーバーに、ギターの演奏で歌える
キャロルの作曲を頼みました。 

 

そして、クリスマス・イブ 真夜中のミサの最後に、
ギターの演奏で、作曲された美しい歌が歌われました。 

 

これが今世界中で歌われている「きよしこの夜」です。 

(作曲家のグルーバーは 1787年11月25日生、1863年6月6日没。)

 

メリー・クリスマス☆

たくさんの幸せが降り注ぎますように。。。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。 香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。 ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。
メルマガ購読・解除