● 「きらきら星」は、恋の歌だった

o0550023313714057595

モーツァルト作曲「きらきら星変奏曲」K.265、ハ長調。

主題と12の変奏から成っています。

主題は、童謡「きらきらぼし」として、すっかり幼児たちにもお馴染みですね♪

この曲の原題は、『フランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲』 です。長っ!

楽譜によっては、そのようにちゃんと書かれていますが、すっかり「きらきら星変奏曲」というタイトルが板についてますよね。

子供心に、「あぁ、お母さん、あなたに申しましょう」とか言われても、???は?何のことだろう?????でした。

お母さんに言いたいことが、いっぱいあるんだね、みたいな。

いやいや、童謡じゃなくって、「恋の歌」だって言うじゃありませんか。
しかも、シャンソン。「フランスの歌曲」ですものね。

では、その恋の歌、どんな歌詞なの?
っていうのは、こちらWikipediaをご覧ください

私はこの曲を、一体いつ、習ったのか、これまた記憶にないのです。
自分がどの楽譜を使ってレッスンを受けたのかも、わからない・・・手元にないのかもしれません。

この曲は、いろんな楽譜に収録されているのですが、自分は多分、全音のピースで教わったような・・・
とすると、ピースを使っていた時代は限られているので・・・記憶辿り中。

いつだったか、もう随分昔のことです。

香港でね、「赤ちゃんと一緒に聴きに行ける、ママのためのコンサート」がありました。

赤ちゃんとママのためのサークルが主催したのだったかしら?
香港日本人倶楽部の、ピアノがあるお部屋で開催されたの。

その時、記憶によれば、3人のピアニスト(私含め)と、声楽家さんと、フルート奏者さんが演奏したような。

3人のピアニストたちは、みんなお友達。

そのうちの一人がね、「きらきら星変奏曲」を弾いたの。

主題では、もう、赤ちゃんたち、キャーキャーというか、ニッコニコで、体を揺らしたりしてました♪
赤ちゃん、2歳児くらいまでの乳幼児ちゃんたちがいっぱいいたの。

そうだよね〜、やっぱり「きらきら星」は人気だよね〜☆だったのですが・・・

o0550019213714057594

この変奏が始まると、ぐずりだしたり、火がついたかのように泣き出す乳幼児が!
一人泣くと、伝染するし・・・
 凄かった記憶が・・・

子供って凄いな〜って思ったの。

だって、短調だもの。そりゃ、怖いよね。

その「なんか怖い」雰囲気を、感じ取って、泣き出しちゃったのよね。

でも私はこの短調の変奏が、実は一番好きで(笑)。

この曲、大人になってから、ちゃんと弾くのは初めてかもしれません。

指導は、数え切れないほど、してきたけれど、自分で弾くとは、思いもしなかったですね。

ただ、やはり、熊本地震チャリティ・コンサートのプログラムを考えていた時に、

私は「古典派」から何弾こう〜?って考えていて、私の中では、すっかりベートーヴェンでした。
(ベートーヴェンも弾きますが)

選曲のお手伝いをしてくれたお友達が、

「モーツァルトで、きらきら星変奏曲じゃなーい?」って。

あぁ、そうだよね、と。

「トルコ行進曲付きソナタ」もいいかな?と思ったのですが(変奏曲好きな、お友達と私)、そのソナタ、第3楽章である「トルコ行進曲」に辿り着くまでが、長いな・・・と思ったので、「きらきら星変奏曲」に決めたわけです。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
熊本地震チャリティ・コンサート、ご予約受付中!
゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

8月28日(日)午後1時開演、
東京渋谷のラトリエさんにて。

ご予約の受付を開始しております。

ご予約は、こちらのページからお願い致します。

チケットの収益は、熊本県へ義援金としてお送り致します。
皆様のお運びを、楽しみにお待ちしております!

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)