● ショパンのノクターンと言えばコレ

o0550041613719065439

きっと日本人に限らず、ピアノと言えば、弾くも聴くも、ショパン(1810-1849)は圧倒的な人気だろうと思います。

ショパンは、さすが「ピアノの詩人」と言われるのが頷ける、ロマンティックで、美しい作品が多いですよね。

ショパンのノクターンは、全21曲ですが、それでも「ショパンのノクターン」と言えば、大抵は、この第2番 Op.9-2 変ホ長調を指すでしょう。

私の生徒達も、元生徒達も、この曲に憧れていた人たちは、とっても多かったです。
小学生でも中学生でも、大人でも。

かくいう私自身はどうだったかというと、この曲に、あまり興味がなかったようです。

自分が習ったノクターン・好みで弾くノクターンの、どちらにも入っていません。

今回の「熊本地震チャリティ・コンサート」という機会がなければ、自らステージに乗せることは、考えられなかった曲です。

途中で1音、思いっきり隣の音を鳴らしていますが、ご容赦ください。
練習模様から。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!