● チェンバロに触れて、バッハを知ろう!

161217flyer2ameblo

クラシック音楽をやる上で、避けて通れないのが、バッハさま。

とは言え、人には好みも、得手不得手もあって当然。

講師だから、全てを知っていて詳しいわけじゃ、ない。

演奏家だから、全ての作品をきちんと弾けるわけじゃ、ない。

バッハが好きな人なら、「もっと知りたい」と思うだろう。

バッハさまが触れていたチェンバロって、どんな風に音が出るんだろう?

いつもピアノで弾いているバッハ作品だけど、バッハさまはピアノで弾いていたわけじゃ、ないよね?

なんて思う方なら、ピアノだけじゃない、チェンバロだけじゃない。

ピアノもあり、チェンバロもあり、オルガンもある場所で、講義を受けられるなんて、最高のシチュエーションでしょう。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

もし、「バッハはちょっと苦手なのよねぇ・・・」と思っている方も、

「だけど大事なのよね」って、わかってる。

だったら、もうちょっと「知ってみても」、

もうちょっと「近づいてみても」、いいんじゃない?

講師は、ベルギー在住の、鍵盤のスペシャリスト。

チェンバリストであり、ピアニストであり、通奏低音奏者であり、そして作曲家でもある、末次克史氏です

こんな風にバッハを弾く方です。

「シンフォニア第11番」

 

同じ「シンフォニア第11番」を、チェンバロで。

 

この講座を受講すると、もっともっと!バッハが好きになりますよ。


講座:チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性
講師:末次 克史
 ウェブサイトはこちらです
 
日時:12月17日(土)13時から(15時半頃、終了予定)
場所:松本記念音楽迎賓館
 (東京都世田谷区岡本2-32-15)
 ウェブサイトはこちらです

定員:30名
受講料:10,000円

ご予約は、以下のメールアドレスまで、メールをお寄せください。
担当:荒井
chihirohk@gmail.com

 携帯メールからご予約下さる方は、こちらからのメールが受信できるよう、
 chihirohk@gmail.com を設定して下さいね。

講座内容については、末次克史先生が、自身の言葉で語っておられますので、是非、以下の記事をお読み下さい。

 


※ ご予約の流れ

1、ご予約を頂きましたら、48時間以内に必ず、荒井から確認のメールをお送りします。
 受講料のお振込みについて、ご案内致します。

2、受講料のお振込みを頂きましたら、領収書をメールに添付でお送りします。
 これを持ちまして、「ご予約完了」、お席が確約されます。

 ご予約のメールを頂くだけでは、ご予約が完了とはなりませんので、ご理解くださいませ。


※ キャンセル・ポリシー

お申し込み後、止む無くキャンセルされる場合は、私 荒井までメールでお知らせください。

講座の三日前(12月14日)からのキャンセルは、恐縮ですが、全額のキャンセル料が発生します。

12月13日までのキャンセルの場合は、当方からの振込み手数料を差し引いた額を、返金いたします。

尚、講座三日前から講座当日の間のキャンセルであっても、必ずご連絡を頂きますよう、宜しくお願い申し上げます。


バッハは、どのように鍵盤楽器を扱っていたのか?

実際に、チェンバロやオルガンにも触れて頂きながら、お話致します。
チェンバロの構造や、発音の仕組みを知ることによって、バッハがどのようにそれらの楽器を弾いていたのか、受け身ではなく、講師と共に迫って参りましょう。

バッハの奏法を、どのようにピアノに活かすことができるのか?

もっとバッハに近づこう!
もっとバッハを知ろう!!
もっと、バッハが好きになる!!!

12月17日(土)、世田谷の松本記念音楽迎賓館で、お会いしましょう!

ご予約は、荒井まで。→ chihirohk@gmail.com

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)