● チェンバロに触れて、バッハに馴染んじゃおう!

161217flyer2ameblo

 

クラシック音楽をやる上で、避けて通れないのが、バッハさま。

バッハが好きな人なら、「もっと知りたい」と思う。

バッハさまが触れていたチェンバロって、どんな風に音が出るんだろう?

ピアノで親しんでいるバッハの作品、バッハが生きていた時代は、チェンバロやオルガンで、どんな風に紡がれていたんだろう?

どんな風に響いていたんだろう?

いつもピアノで弾いているバッハ作品だけど、バッハさまはピアノで弾いていたわけじゃ、ないよね?

たまーに楽器店やホールで見かけるチェンバロ、

どんな響きが詰まっているのだろう?

バッハはどんなにワクワクして戯れていたのだろう?

そのワクワクは、ピアノで弾かれるようになって、何がどう変わったのだろう?

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

もし、「バッハはちょっと苦手なのよねぇ・・・」と思っている方も、

その響きの魅力に触れることが出来たら、どうだろう?

嫌い嫌いも好きのうち?

意外や意外、その魅力にはまってしまうかもしれない。

講師は、ベルギー在住の、鍵盤のスペシャリスト。

チェンバリストであり、ピアニストであり、通奏低音奏者であり、そして作曲家でもある、末次克史氏です

こんな風にバッハを弾く方です。

「シンフォニア第11番」

 

同じ「シンフォニア第11番」を、チェンバロで。

この講座を受講すると、もっともっと!バッハが好きになりますよ。


講座:チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性
講師:末次 克史
 ウェブサイトはこちらです
 日時:12月17日(土)13時から(15時半頃、終了予定)
場所:松本記念音楽迎賓館
 (東京都世田谷区岡本2-32-15)
 ウェブサイトはこちらです

気になる方は、是非、こちらの講座についての詳細ページをご覧くださいね。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)