● 指遣いと解釈の関係を考える

 

さぁ、いよいよ開催です。

ベルギー在住のチェンバリスト・通奏低音奏者・ピアニストで作曲家の
末次克史先生をお迎えしての、
チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性」講座の、第2弾です。

先月から一時帰国されていた末次先生は、関東や広島で講座をされていました。
講座に参加された皆様のお話を伺いますと、
末次先生のブログでご紹介されています)
それらの講座に参加出来なかった事が悔やまれます。

この夏、最後の講座になります。

8月6日(日)13時〜16時
(16時〜17時 懇親会)
講座参加費 5,000円

東京都杉並区のスタジオ・ピオティータさんにて

お題は「バッハ指遣いの考え方」です。

指遣いが解釈に繋がっていくのか?
解釈があって、指遣いを考えるのか?

 

是非、ご一緒に考えませんか?

皆様にも、指遣いを考えて頂くワークショップ型の講座です。

ご予約は、荒井が承っております。
メール(chihirohk@gmail.com)か、
Facebookのイベントページへコメントを入れて頂くか、
Facebookでメッセージをお寄せ下さい。

あなた様のご来場を、お待ちしております。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

練習法や講師挨拶文例などの電子書籍

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。