● 大変なフレーズで、忘れたくないコト

o0550041713385846360

 

女子高生ちゃんのレッスンから。

リスト「軽やかさ」です。

画像は3段譜になっていますが、1段目は「ossia」になっています。
(「ossia」は、それ=1段目を弾いてもいいし、2段目を弾いてもいいですよ、というもの)
私も、女子高生ちゃんも、右手は1段目、左手は3段目を弾いています。

このように、片方の手で弾くフレーズが、大変・弾きにくい、という場合のお話です。

弾いている時のあなたの意識は、その「大変な手」に集中してしまいます。

もちろん、意識して弾かなければ、音が抜けたり、
指づかいが弾くたびに変わったり、まずいことになりますね。

しかし、そんな大変なフレーズでこそ、忘れたくないコトがあります

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

それは、メロディはどこにあるのか?

そして、メロディは、どう歌うのか?

ということです。

 

大変な手の方に、メロディを縦割りで合わせては、いけません。
逆です。

まず、メロディをどう歌うか?

それを考える。
歌のニュアンスがつきますね。

そっちが先!なのです。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大変な手の方は、それはテクニックを取得するための練習は欠かさないこと。

しかし、メロディを、いかに歌うか?

ということを忘れないでね。
この画像に写っているところだけでも、メロディは、グルーピングできます。

また、このような和音で動いていく場合、
これは左手で、和音の上の音がメロディですから、

「1」の指を、先に(打鍵の)用意をすること。

そして、「1」の指は、鍵盤の中へ、奥深く、入っていく!という意識を持って打鍵します。

そうしなければ、バランスが取れません。
また、音の深さも出ません。

 

使用楽譜はこちらです。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝
 
 
 
◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室)
クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのコース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。