● 弾くのが窮屈だと、音も窮屈になっちゃう

o0550027913387835628

両手が近すぎたり、重なっていたり、また、交差する時、とても弾きにくい感があると思います。

 

この曲の場合、左手で弾く音は、右手で弾くオクターブの「間」にあります。

まぁ、何とも弾きにくいのです。

それはね、楽譜に書かれているその通り、正しい音価で鍵盤を押さえておく、と思うと、大変なことになっちゃうね。

 

この曲ではね、左手の和音は、打鍵したら、ほわん、と、腕を上へ抜いてね。

左手が、右手の奥(で上)に位置するカタチでね。

その音が響いていく様を、聴きたい、聴いて欲しいのだから、

ちゃんと、その響きを飛ばそう。
飛ぶように弾きましょう。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

音数が少ない曲は、表現すること、美しさを追求することは、とっても難しいね。

厳しいことだよね。

でも、自分からそれを欲するようになった、というのは、素晴らしいことです。

あとは、耳で聴いて。
しっかりと聴いて。

不用意に弾かないでね。

 

使用楽譜はこちらです。

ラヴェル「プレリュード」イ短調

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのコース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。