● 弾くのが窮屈だと、音も窮屈になっちゃう

o0550027913387835628

 

両手が近すぎたり、重なっていたり、また、交差する時、とても弾きにくい感があると思います。

 

この曲の場合、左手で弾く音は、右手で弾くオクターブの「間」にあります。

まぁ、何とも弾きにくいのです。

それはね、楽譜に書かれているその通り、正しい音価で鍵盤を押さえておく、と思うと、大変なことになっちゃうね。

 

この曲ではね、左手の和音は、打鍵したら、ほわん、と、腕を上へ抜いてね。

左手が、右手の奥(で上)に位置するカタチでね。

その音が響いていく様を、聴きたい、聴いて欲しいのだから、

ちゃんと、その響きを飛ばそう。
飛ぶように弾きましょう。

スポンサーリンク

音数が少ない曲は、表現すること、美しさを追求することは、とっても難しいね。

厳しいことだよね。

でも、自分からそれを欲するようになった、というのは、素晴らしいことです。

あとは、耳で聴いて。
しっかりと聴いて。

不用意に弾かないでね。

 

使用楽譜はこちらです。

ラヴェル「プレリュード」イ短調

Please follow and like us:
無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!