● フォルテシモからの効果的なクレッシェンドの掛け方

150818

フォルテシモから、さらにクレッシェンドをかけて、
フォルテシシモ(トリプル・フォルテ)まで上げていかねばなりません。

さぁ、どうやって音量を上げる?

そもそも、ここまでへも、クレッシェンドしてきてるのです。

既にフォルテシモ。

それなのに、さらにパワーアップしていくって一体どんだけ・・・?

自分の音量の幅を知っておく事も大事です。

そうでないと、

「もうこれ以上、大きくできないのにぃぃ・・・」

という事になっちゃいますね。

 

■フォルテシモからのクレッシェンドのポイント■

・画像1小節目、左手の低音オクターブは、 一度音量を落としてから弾き始める。

・左手、グルーピングして、音量を上げていく。
 (音が下がったら一度弱くして、またクレッシェンドしていく)

・右手は画像2小節目に入ったら(トレモロになったら) 右手でもクレッシェンドを助けていく。

 

ご参考までに。

使用楽譜はこちらです。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス2015年10月開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのコース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。