● 伸びゆく音を聴かないと、大事なものは伝わらない

o0550034113400755433

 

画像1段目は、右手。
付点4分音符と、付点2分音符の音のこと。

画像2段目は、左手の2分音符の音のことです。

 

これらの音を、「あなたが」聴き続けてあげなければ、ならない。

「聴く!」「その音の最後まで、聴き届ける!」

という意志を持って聴かなければ、その音はカンタンに消えてしまう。

ピアノの音は、打鍵した後、減衰していくからね。

次の音へ向かっていけなくなっちゃうよ。

(もちろん、聴く・聴かせるための打鍵法がありますが、
文章だけでは難しいので、ここでは省きます。
こういうことは、レッスンで対面で体感して頂いています。)

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

どんな音も、無駄な音はないの。

ただし、役割はいろいろ。

 

そして、その音が持つ意味や気持ち、そしてその音の方向性がどうなのか?

ということは、それを弾く「あなた(わたし)」がその音を「弾く前から聴く」→「聴き続ける」→「聴き届ける」。

それなしには、聴いてくださる方には伝わらないの。

絶対に、伝わらないよ。

ちゃんと、聴いてくれる人に、伝えるように考えて聴いて弾こうね。

 

 

使用楽譜はこちらです。

ラヴェル「プレリュード」イ短調

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。