● 跳躍で気を付けたいコト

o0550030713415698941

 

左手、第1拍を低音でオクターブを打鍵したら、ひぃぃい!!!すぐ右手の向こう側に行って、高音弾かなくちゃ いけないの~~~!???

って、高音域で三度の和音フレーズを弾いたら、ひぃいぃっ!!また低音に降りてきて・・・・

はぁっはぁっはぁっ・・・・・

つ、つつつ、つらいですぅぅう!!!
忙しいですぅぅぅ!!!

必死ですっ!!!

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

必死すぎますね(笑)。

必死になるから、うまくいかないのです。

 

右手を越えて高音域と低音域を行き来するとはいえ。
そんな、素っ頓狂にジャンプする必要は、ないんですよ。

慌てているから、気持ちが急いているから、音が台無しになってしまいます。

だから音が抜けたり、欠けたりするの。

準備はね、すぐに出来るのだから。

 

それより、ちゃんと音を聴こうね!

低音オクターブが、「だん」って音がちょっと沈んで上がってくるのを、聴き届けてね。

高音域で「どーれーみーれーどー」の最後の「どー」の伸びも、ちゃんと聴いてね!

ジャンプしないで。大事にね。大事に。

 

跳躍で気を付けたいこと。
それは、「ジャンプしない!音を聴き届ける!」ということです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。