● 音の響きを想像してみよう

o0550026013420886612

 

右手のメロディは、どんな風に歌ったらいいのか、歌いたいかは、想像しやすいでしょう。

しかし、左手はどうでしょうか?

 

右手を楽しげに弾いていても、左手の4分音符を、まるで鉛筆で机を叩くように直線的な打鍵をしてしまうのは、とてももったいないですね。

左手の4分音符は、とてもシンプルだけれど、それぞれの音の「弾力」のようなものを、感じられると、もっとワクワクしてきますよ。

では、どんな弾力なんだろう?

 

スーパーボールみたいに反応が速い?

それともトランポリンみたい?

ふかふかのソファに座った時のよう?

チェロやコントラバスが、弓をこんな風に使って、こんな風に音を出す感じ?
(やって見せる。この生徒は音楽隊に所属しているので、他の楽器を例に出すと、理解しやすいのです。)

 

何でもいいんだよ。ただ、あなたがどう感じられるか?
どう感じるのが、あなたにとって自然なことなのか?

だから、先生はそのお手伝いをしてるだけ。

 

自分で感じられたら、もっと面白くなるよね。

耳を澄ませたら、もっとワクワクしてくるよ!

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。