● 「その音を特に強く」とは、どんな音だろうか?

o0550034713422184392

楽譜に書かれた「rf.」(リンフォルツァンド)は、「sfz.」(スフォルツァンド)や「fz.」(フォルツァンド)同様に、「その音を(特に)強く」という指示です。
いわば、「アクセント」のようなものですね。

でも、アクセントを含め、こんなに言い方があるって一体どういう事なのでしょうか・・・

それは、その状況によって、「どのくらい強く(あるいは、他の音に比べて強調)」なのか、変わってくるでしょう。

どんな場合でも、欠かさないで欲しいな、と思う気持ちの一つに

「特に大事に気持ちを込めて」

というのが、あります(私のニュアンスです)。

この画像の場合も、単純に「特に強く」という意味だけで捉えてしまうと、なんとぶっきらぼうにアタックが強くなってしまうことか?

という危惧があります。

特に小さな子供達は、シンプルに、そうしがちです。

強く=落とす(あるいは、感覚的に「たたく」)と、無意識レベルで思い込んでいる可能性は、大きいのです。

だからね、打鍵は「落としっぱなしにしない」ことです。

動きが止まった途端に、音は行方を遮断されてしまうから。

そこで終わり、終わってしまうのです。

腕の動きは止めないでね。

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのレッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。