● ユニゾン・デクレッシェンドの一つの方法

o0550031313425842742

 

以前、同じユニゾン・デクレッシェンドの方法をお話した事がありました。

それは、「段階を経て、音量を落としていく」という方法でした。
今回は、それとは別の方法です。

あくまで、ご参考までにお読みくださいね。

 

画像では、「ふぁみみ♭れ」が3回繰り返されています。

1回目の「ふぁみみ♭れ」は「フォルテシモ」ですが、そこから「デクレッシェンド」を始めて、次の小節では「ピアノ」になります。

そこで、

・1回目は両手

・2回目は右手

・3回目は左手

と、バランスを移していく方法があります。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

ユニゾンのフレーズでは、右手と左手のバランスを変えるという基本があります。

1拍ずつ音量を落としていくのに合わせて、このバランスを変えていくのも、非常に効果的ですよ。

バランスの変え方は、上に書いた通りでなくて良いのです。

 

1回目は右手、2回目は両手、3回目は左手、というのでも良いでしょう。

いろいろやってみて、”あなた”が一番、しっくりくるところ・気持ちの良いバランスを探してみてくださいね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。