● 4分音符は、棒立ちじゃない

o0550027513427264429

 

左手の「4分音符+4分休符」というパターンは、よく出てきます。

4分音符の打鍵、指を「置きに行って」いませんか?

ポンと置いて終わりにしていませんか?

 

音の高さに合わせて、次の音に向けて、動きのある(弾力のある)音を出してみると、今までどんなに面白くなかったか、その変化に気づきますよ。

あなたが今、弾こうとしているその4分音符は、どんな響きなのでしょうか?

どんな風に響かせたいの?

 

耳と友達になって、考えてみようか。

ただの棒立ちの音にしないようにね。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。