● まず、拍を正しく捉える。理解する。適当にしない。

o0550041513430035134

 

気持ちを乗せる。
フレーズや響きから感じる自分の感覚を大事にする。

それは正しい事です。

でもね、拍は正しく取らないと、おかしな事になりますよ。

ルバートしている、というのとは別のお話です。

 

この画像のように伸ばす音、タイになっている音というのは、その伸ばし加減が「適当」になりやすい。

拍がいい加減になると、拍子感が崩れます。

その違和感は、聴いている方には耐え難いの。

 

リズムって難しいね。
でも、理解するよう努めようね。

なぜ、それほどに音は伸びているのか?
なぜ、もっと短かくするわけには、いかなかったのだろう?

って、考えてみたら、きっともっと面白くなるよ!

忘れないでね。伸ばす音は本当に注意が必要。

 

伸びる響きを聴いて、なぜそれだけ伸びるのだろう?って考えてね。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。