● 右手と左手は、別の人の掛け合いだから、タイミングは同じじゃない

o0550041513447941464

 

右手は一つの歌が終わり、次の歌へ入ります。
そのために、スラーの終わり・休符では手を上げる。
上げてから、次へ「入り直す」。

 

歌なら絶対にブレスするところですね。ブレスしないと、次を歌いきれません。

 

だけどね、右手の「ブレス」をするところは、左手の歌の終わり。

左手はまだ終わってないでしょ。右手と左手は別の人なのよ。

 

弾くのは あなた一人だけどね。
あなたの右手は、あなた。
あなたの左手は、お友達。

二人で、おしゃべりしているの。

 

同時に喋りだして、同時に喋り終わるんじゃ、会話にならないでしょ。

あなたの話が終わったところで、お友達が「あ~ぁ!」と相槌をうってるような、そんな感じ。

右手と左手は、別の人、お友達との会話だよ~!

ちゃんと呼吸をして楽しもうね♪

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。