● 右手と左手は、別の人の掛け合いだから、タイミングは同じじゃない

o0550041513447941464

 

右手は一つの歌が終わり、次の歌へ入ります。
そのために、スラーの終わり・休符では手を上げる。
上げてから、次へ「入り直す」。

 

歌なら絶対にブレスするところですね。ブレスしないと、次を歌いきれません。

 

だけどね、右手の「ブレス」をするところは、左手の歌の終わり。

左手はまだ終わってないでしょ。右手と左手は別の人なのよ。

 

弾くのは あなた一人だけどね。
あなたの右手は、あなた。
あなたの左手は、お友達。

二人で、おしゃべりしているの。

 

同時に喋りだして、同時に喋り終わるんじゃ、会話にならないでしょ。

あなたの話が終わったところで、お友達が「あ~ぁ!」と相槌をうってるような、そんな感じ。

右手と左手は、別の人、お友達との会話だよ~!

ちゃんと呼吸をして楽しもうね♪

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!