● 2音のスラーは、「落として上げる」という一つのシンプルな動きでイイ

o0550029513451699873

この画像は、香港教室のレッスンからですが、このトピックは先日の東京レッスンでも出ましたよ。
類は友を呼ぶ法則、引き寄せあってますね♪

2つの音に付く「スラー」の弾き方は、とってもシンプルです。

1音目で指を落として、そこで動きを止めず、2音目の打鍵で手を上げる。

この動作は「二つ」ではありません。「一つ」です。

「指を鍵盤に落とす」で、一つの動きとして止まるわけではありません。

落ちた時、手首のクッションを使って、自然に次の音の打鍵に向けて上がっていく。

ソファのように、トランポリンのように。

だから「落として上げる」で一つの動きなのです。

しかし、腕に力が入っている状態では、これを「一つの動き」として弾くことはできません。

「落とす」で一つ。ここで動きが止まってしまいます。

だから、2音目で「上げる!」と言っても、指先で打鍵してからまるで時差があるかのように、後付けで手首が上がってしまうのですね。

手首のクッションを使って連動して手・腕が上がっていく過程で、指先は第2音の打鍵をするのです。

あくまで、ご参考までに。

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのレッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。