● 4分音符で躍動感・推進力を出す方

o0550033313452913623

 

簡単そうに見える「4分音符+休符」にある、ワナ。

音符の後にくる休符を感じてあげると、拍感・躍動感が出ます。
休符を感じるためには、4分音符を感じなければならない。

感じるって、どういうふうに?

 

 どんな響きなのかな?
 離鍵したら、響きはどうなるんだろう?
 離鍵の仕方(スピードとか腕の動作とか呼吸とか)、自分でしっくりくるのは、どうやった時だろう?

  などなど、いっぱい考えて感じてみてね。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

しかし、それだけでは推進力は出せない。感じられない。

 

では、どうやったら推進力が出るんだろう?

 その4分音符の響きは、どこに向かっていくの?
 次の音はどうなってるの?
 今弾く音と、(休符を挟んでの)次の音って、どんな関係なんだろう?
 お友達とキャッチボールするとしたら、どんな風にするだろう?

 

  な~んて、考えてごらん。
  1音単体で終わらせないでね。
  休符は響きを聴く「間」。
  エネルギーは次の音へ向かうんだよ。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。