● 和音を限りなくレガートで弾く方法

o0550041513456063523

和音をレガートで弾くのは、難しいことです。

ペダルを使う方法もありますが、最初は基本を押さえたいですね。

実は単音フレーズのレガート奏法と、変わりはないのですが。

この画像例のように、1つめと2つ目の和音に、同じ音が入っていると、「同音連打」になるので、レガートはかなり厳しいと感じがちです。

しかし、それこそ単音ではないので、カバーできるのですよ。

1つめは「ラとド」。これを「3と5」の指でとります。

2つめは「ファとラ」。これは「1と3」の指でとりますね。

「ドーーーラーーー」と、聴きたい。聴かせたい。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

「ラとド」を弾いたら、先に「ラ(3)」の指を上げて、次の「ファとラ」の打鍵の準備をする。

この時、決して「ド(5)」は離鍵しないこと。

「ファとラ」を打鍵するまでは、「ド(5)」から指を離さない。

一瞬、重なる「時」がある。
それがレガート。

もちろん、ゆくゆくは、ペダルを使ってレガートにする事も覚えますが、ここで基本のこの弾き方を身につけなければ、一生、ペダルなしで和音のレガートを弾く事はできないでしょう。

指の腹が、鍵盤に触れているのを感じてね。
鍵盤と仲良くしといて。

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのレッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。