● スタッカートはスタッカート。弾きやすいか否かではなく、作曲家の指示は、守る。

o0550028413461872344

 

弾きにくいのは、画像1小節目最後の8分音符と、2小節目最初の8分音符が、スタッカートだからです。

音程も近い=跳躍するわけではないので、意識をはっきり持って指先に指示を送らなければ、確かにスタッカートで弾くのは、難しい。

「弾いてるつもり」でレガートになってしまうのは、容易ですね。

 

あのねー、これはバルトークさんがここに、どーしてもスタッカートが欲しかったんだよね。

だってね、もしスタッカートが付いてなかったらこうなるでしょ?(弾く)

この楽譜の通りに弾いたらこうなるでしょ?(弾く)

全然違くない?
どっちが面白いと思う?

 

そういうこと。

作曲家が指示してることは、弾きにくいとか弾きやすいとか関係ない。
まず、それに従うのが大事。

でないとねー、バルトークさん、化けて出てくるよー!

 

 

使用楽譜はこちらです。