● 型を作って準備。型のまま移動。これぞ、省エネ演奏法!

o0550041513465688744

 

右手で弾く「32分音符4音」は、和音化して「型を作って準備」しておく。

右手が弾き始める前に、左手で弾く和音も、「型を作って準備」=スタンバイしておく。

右手→左手と受け渡して弾くけれど、呼吸は一緒。

両手とも、それらの音を弾く手の型を作っておいて、同時に手を落とす。

 

そうしたら、その「手の型」を崩さず、そのままでオクターブ移動。

ただ、オクターブ移動するだけ。

常に手の型を準備している状態だ。

いちいち、弾きに行かない。

 

弾いた途端に、指をバラバラにしない。(手の型を崩さない)

型を作って準備する。

その型のまま移動する。

 

そうすると動作が少なくて済むし、音も外さない。

これぞ、省エネ演奏法!

・・・と、これを楽譜を見て、自分で「あ!そうか!」と理解できるようになれば いいんですけどね。

 

気づかないなら、ヒントをポンポンと投げてみるのです。

そんなこんなのレッスン風景。

 

 

お読みくださり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。