● 伸びやかなアクセントにしよう!痛くないアクセントにしよう!

o0550027513466432489

 

スタッカートが続いた後に伸ばす音や、アクセントは、動きを止めないように気をつけたい。

そこで動きが止まってしまうと、

・音が硬くなる
・音が止まる(伸びて行かず、落ちて終わる)

そうなっては、もったいないよね。

アクセントって、強ければいいのかな?

 

強いって、どんな強さなのかな?

その「強さ」は、どんな風に/どっちの方へ、音が伸びていくのだろう?

 

ちょっと考えてみようね。

「アクセント=その音を強く」と、機械的に覚えないでね。

トンカチで打ち付けたような音は、本当に欲しい音なのかな?

「伸びやかなアクセント」は、凛とした意志を感じないだろうか?

 

自分の心と耳に、どんな音が欲しいのか?
どんなアクセントが相応しくて音楽になるのか?

いっぱい問いかけて、いっぱい試してみて。

 

もし、声に出して歌うとしたら、喉のあたりや頭、上半身などは、どんな状態だろう?

それを腕を使って再現してみる。

「喉」は「てのひら」だよ。

 

伸びやかなアクセントが欲しかったら、打鍵で動きを止めないこと。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。