● テヌートに続くアクセントでエスプレシーヴォ、どうしようか?

o0550025213473436121

 

2小節目の右手をご覧ください。

 

1小節目から続いているスラー、これが切れた後の8分音符ふたつに注目。

1音目には「テヌート」が、そして2音目には「アクセント」が付いています。しかもタイです。

 

そもそも、「レント」で「ルバート」で、なおかつ「エスプレシーヴォ」という指示付き。

まぁ!いっぱい、やっちゃって(感じたこと出して)いいのよ♪

うわ~~い!いっぱい自由に歌えちゃう~~!?

って、こんな短い中に、こんなに指示がある。

スラーが切れて、テヌートで次はアクセント・・・
(タイだから、アクセントなんだろうな、ととらえても)

 

もう少し音価の長い音ならまだしも、8分音符続きでテヌートとアクセントを明確に弾き分けるのは、簡単なことじゃない。

まず、自分の中でそれらをハッキリさせないとね。

さぁ、いっぱい考えて音にしよう!

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師

香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。