● フレーズは、大きく捉えよう!

o0550041513475116361

三度和音のレガート奏法そのものも、大事です。

でも、今日は別のお話をしましょう。

スラーの付き方1フレーズ

これですよ。

スラーの付き方を正しく読み取るのは、すごく大事ですね。
感違いをしてしまうと、聴こえ方がまるで変わってしまいます。

だけど、それは、「アーティキュレイション」の話で、「フレーズをどう捉えるか」という事とは別モノなのです。

1フレーズは、大きな一呼吸です。

その中に、細かなスラーがあったり、小さな休符が入ることは あリマす。

でも、そのたびに いちいち息を吐き切ったり、シヌホド吸ったりは、しません。

大きな、一つの 「吸っていって~少しずつ吐いていく~」の中で、ちょっと息を止めたり溜めたり、ちょっとだけ吐いたり、ちょっとだけ吸ったりします。

ホラー映画を観ていて、過呼吸になりそうなほど、息が止まってるんだか、細かく吸ってるんだかわからないような…でも、一つのシーンが終わると、ほっとして息を吐き切ってグッタリ?もしくは安堵する….

そんな感じ。

って、それで通じるでしょうか?

1フレーズは、短くても4小節。でも、上の画像では8小節で1フレーズだ、と捉えると、推進力も出てきますよ♪

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*3〜4歳ちゃんのためのプレピアノ・クラス開講
香港教室*単発レッスン
香港教室*平日午前の主婦クラス
香港教室*自宅にピアノがない方のためのレッスン
香港教室*土曜午後限定 月2回コース

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。