● 奏法を「面倒」がると、歌がおかしくなる

o0550041613480871020

 

右手に注目しましょう。

右手は8分3連符で進行していきますね。
でもこれ、実は二声になっています。

 

これは、8分3連符の第1音を「押さえておく=保持する」練習曲です。

しかし、早くからピアノ学習を始める、言い換えれば体(手)の小さな子が多い日本人には、厳しい場合が多いと思う。

するとどうなるか?

 

これが実は、右手だけで二声になっている、ということを理解させて、演奏に反映させるのはやさしい事ではありません。

多くの場合、「しそれ しそれ どらふぁ らふぁれ…」と聴こえてしまいます。

でも、歌は「しーーしーーどーーらーー…」なのです。

それを理解しているか否か?という違いだけでも、手の大きさや開き具合に関わらず、出てくる音楽は変わるでしょう。

 

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

気付きを与える練習法のうちの2点を、お話ししましょう。

 

1、8分3連符の中の、4分音符として伸ばす音を立て左手で、続く2音を右手で弾いていきます。

  →これは「二声(2人の歌)」への意識付け。

2、各拍を、和音化して取る。

「しそれ」を「しれそ」の和音として弾く。

  →この時、「1」の指に指先も耳も、強く意識を置く。

 

他にも方法はありますが、ご参考までに。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。