● 分散和音は、和音化して「型作り」と「移動」の練習をする

o0550041413492836767

 

このように、「分散和音」が続くフレーズなら、その「分散和音」を「和音」として掴む練習をします。

それぞれの「分散和音」は、1音ずつ「弾きに行く」わけではありません。

 

例えば右手の最初の分散和音「ソミドっ」は、「ソ」の打鍵をする時点で、続く「ミド」には、指は用意されているのが、望ましいのです。

何故なら、その方が「運動量」が少ないから。
「1つの動き」で「ソミドっ」を弾けるからです。

 

そもそも「ソ」「ミ」「ド」ではなく、「ドミソ」という和音を「分散させて」弾くだけなのですから。

そのために、分散和音を、敢えて「和音化」して「掴む」練習をしましょう。

スポンサーリンク

次に、それぞれの分散和音を全て「和音化」して掴みますが、

その「和音化」した状態で、パッパッパッパッと「移動」出来るよう、練習をしましょう。

 

例えば「ドミソ」は、それぞれ「三度」ずつの音程関係だけれど、「ソドミ」になると、「四度+三度」(ソとドの音程は四度、ドとミの音程は三度)なので、「ドミソ」を掴む時とは、手の状態は異なりますね。

それを、瞬時に変えられるように、意識する、という練習です。

 

これが両手ともに(まずは片手ずつ)、スムーズに出来るようになってからです。
楽譜通りの分散和音で弾くのは。

 

このような、分散和音系のフレーズが苦手!

という方は、是非お試し下さいね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!