● 同じ音だけど、違う音色が欲しい時は、何かを変えたい

o0550033413495504041

 

同じ音が続く時、その音(響き)のニュアンス/意味が変わる時があります。

例えば上の譜例のように。

 

左手で繰り返されてきた「ファとド」の和音が、右手に受け渡されます。

受け渡されるのですが、それは同じ事を繰り返すわけではありません。

右手で弾く「ファとド」の和音は、「新たなフレーズの始まり」です。

左手と右手、という「弾く手」が違うとはいえ、同じように打鍵しては、出てくる響きに、なんら変わる所は感じられないでしょう。

 

同じにしたいのか?
それとも、気持ちを変えたいのか?

 という前提によって変わります。あなたが、「同じにしたい」と決めたなら、話しは別。

 でも、ここでは「気持ちを変える」という前提で、話しを進めますね。

スポンサーリンク

右手で弾くその和音、あなたは「どんな響き」が欲しいでしょう?

あなたが想像するのは、どんな音かしら?

透き通ったような音?
遠くから真っ直ぐに伝わってくる音?
それとも、遠くへ飛ばす音?

いやいや、深く沈んで行く音かしら?
太い音かな?
弾力のある音かしら?

厚みが増していく音かなぁ?

 

「どうするのが、このフレーズに相応しいか」は置いておき、まずは

「あなたは何を感じているのか?」
「あなたは、どういう響きが欲しいのか?」

あなたが感じて、あなたが考える。

 ここを大事にしたいですね。

 

「わたしはこうしたい!」が見つかったら、(一つじゃなくてもいいですよ、可能性として、幾つか試すのは良い事です)

その「音の響き方、音の響きの進み方」と同じように、腕から指先までを使って、打鍵してみましょう。

目には見えない、音の響きが進んで行く様を、体現してみる。

あぁでもない、こうでもない、とやってみましょ。まずはね。

 

「こういう響きが欲しいんです!でも、どうやってもうまくできません(涙)」なら、いくらでもお手伝いします。

(女子高生ちゃんとのレッスンでは、そこまで「済!」です。
 彼女が欲しい音を提示、言葉で表現してもらう→彼女、トライ→わたし、そういう時は、こうやって打鍵する→彼女、体現!納得)

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!