● 盛り上げたい時に、体で迫らないこと

o0550024913504323706

 

曲には、「盛り上がる所」があります。

それは大きく分けるなら、二種類。

 

「曲として一番盛り上がる所」と、「小さなフレーズの中で盛り上がる所」です。

 

どちらも「盛り上がる所」というのは、「そこへ向かっていく」という方向を示しています。

 

「小さなフレーズの中での盛り上がり」を積み重ねて、或いはそのレベルの駆け引きをしながら、「曲として一番盛り上がる目的地」に向かって行きます。

「盛り上がる」=「様々な、クレッシェンド」でしょうか。

 

様々な、と書いたのは、クレッシェンドは「だんだん大きく」ですが、だからと言って、全てのクレッシェンドの在り方は、同じではないからです。

フレーズによって、気持ちの種類も、気持ちの入り方も、弾き方も変わってくるでしょう。
そういう意味での「様々な」です。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

 

 

さて、気をつけたい事がありますよ。

それは繰り返される「小さな盛り上がり」で、「体でピアノに迫らない」という事です。

わかるでしょうか?

 

「よし!盛り上がっていくぜ~い!」

と頑張ってしまうと、上半身がピアノに「どすこい」とガチで向き合う状態になります。

 

なんだか欲しい音と違うのが出てくる!とか、音が硬い!と思ったら(気づけたら)、要チェックですよ。

体ごと、ピアノに向かってませんか?

※ 全身で音を出したい時も、あります。場合によりけりです。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。