● その音は、どこへ向かっていくのか?を、考えたい

o0550024913504323706

 

このフレーズ、左手に、とても気をつけたい音の打鍵があります。

さぁ、どこだと思いますか?

 

それは、画像の3小節目の終わり、8分音符の「ソ」です。
左手ですよ。

さて、その「ソ」、何が問題だと思いますか?

 

と聞く前に、じゃ、あなたはココ、どのように弾くでしょうか?
画像3小節目からの、和音の下の音で書きますね。

1. 「れーーふぁーそ」「らみどらー」

2. 「れーーふぁー」「そ らみどらー」

 

捉え方(グルーピング)の問題です。

1ととるか、2ととるかで、多分、使う指も変わってくるかもしれません。
この指使いは、手の大きな人(広がる人)と小さな人(広がらない人)でも、変わるでしょう。

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

 

捉え方は、1も2でも、どちらも正否はないかもしれません。

 

ただ、「1」だと捉えた時の、その「ソ」の在り方を考えたいのです。
その「ソ」は、どう打鍵したらいいのだろう?
どう弾いたら、どう聴こえたら不自然じゃない?

 

これは、「捉え方の問題」の他にもう一つ、問題があります。

 

8分の6拍子の場合、1小節に8分音符が6コ入りますね。
6拍子だけど、2拍子として捉えます。

すると、小節最後の8分音符は、あまり可愛がってもらえない事が多いのです。
気にかけてもらえない。

 

十分に気にかけてもらえてれば、この記事で問題として取り上げる事はなかったでしょう。

さぁ、その「ソ」は、どこへ向かっていくのでしょうか?

 

お読み下さり、ありがとうございます。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン
東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。