● その音は、どこへ向かっていくのか?を、考えたい

o0550024913504323706

 

このフレーズ、左手に、とても気をつけたい音の打鍵があります。

さぁ、どこだと思いますか?

 

それは、画像の3小節目の終わり、8分音符の「ソ」です。
左手ですよ。

さて、その「ソ」、何が問題だと思いますか?

 

と聞く前に、じゃ、あなたはココ、どのように弾くでしょうか?
画像3小節目からの、和音の下の音で書きますね。

1. 「れーーふぁーそ」「らみどらー」

2. 「れーーふぁー」「そ らみどらー」

 

捉え方(グルーピング)の問題です。

1ととるか、2ととるかで、多分、使う指も変わってくるかもしれません。
この指使いは、手の大きな人(広がる人)と小さな人(広がらない人)でも、変わるでしょう。

スポンサーリンク

捉え方は、1も2でも、どちらも正否はないかもしれません。

 

ただ、「1」だと捉えた時の、その「ソ」の在り方を考えたいのです。
その「ソ」は、どう打鍵したらいいのだろう?
どう弾いたら、どう聴こえたら不自然じゃない?

 

これは、「捉え方の問題」の他にもう一つ、問題があります。

 

8分の6拍子の場合、1小節に8分音符が6コ入りますね。
6拍子だけど、2拍子として捉えます。

すると、小節最後の8分音符は、あまり可愛がってもらえない事が多いのです。
気にかけてもらえない。

 

十分に気にかけてもらえてれば、この記事で問題として取り上げる事はなかったでしょう。

さぁ、その「ソ」は、どこへ向かっていくのでしょうか?

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!