● 音の長さにも、意味がある

o0550030513511673391

 

♪どーそ|しーーー|ーーー・ドレファシラ・・・♪(右手)

 

視覚的に受ける印象は、とても大きいな、と思います。

その小節の幅が狭いだけで、「このくらい短い」と思い込みがちではないでしょうか?

 

そして、「待つのが怖い」ワナに陥りやすいのです。

でも、「待つ」んじゃ、ないのね。

「聴き届ける」のです。

 

その「シーーー・・・」は、どのように音が響いて、どちらの方へ響いて行くのだろう?

その伸ばす音、クレッシェンドですよ。

 

もし、クレッシェンドが書かれていなかったとしても、あえてこんなに伸ばす指示を出してる意味は、何だろう?

短くてもいいのなら、その全音符の小節そのものが、なくてもいいんじゃない?
でも、あるんだよ~。

さぁ、考えて、その音を聴いてね。

無料メールマガジンのご案内

ピアニストでピアノ講師の荒井千裕が、あなただけにお送りする無料メールマガジンです。

ピアノ練習法・打鍵・体の使い方や精神コントロールについて、ここだけのお役立ち情報をお届けしていますので、是非登録してみてくださいね。

メールアドレス

配信停止は、いつでもできます
迷惑メールは一切配信されませんので、ご安心くださいね

powered by まぐまぐ!