● 音の長さにも、意味がある

o0550030513511673391

 

♪どーそ|しーーー|ーーー・ドレファシラ・・・♪(右手)

 

視覚的に受ける印象は、とても大きいな、と思います。

その小節の幅が狭いだけで、「このくらい短い」と思い込みがちではないでしょうか?

 

そして、「待つのが怖い」ワナに陥りやすいのです。

でも、「待つ」んじゃ、ないのね。

「聴き届ける」のです。

 

その「シーーー・・・」は、どのように音が響いて、どちらの方へ響いて行くのだろう?

その伸ばす音、クレッシェンドですよ。

 

もし、クレッシェンドが書かれていなかったとしても、あえてこんなに伸ばす指示を出してる意味は、何だろう?

短くてもいいのなら、その全音符の小節そのものが、なくてもいいんじゃない?
でも、あるんだよ~。

さぁ、考えて、その音を聴いてね。

 

 

お読み下さり、ありがとうございました。

荒井千裕 拝

 

◆ARAI CHIHIRO PIANO LESSON(荒井ピアノ教室) クラス・メニュー

香港教室*毎週の定期レッスン
香港教室*単発レッスン

東京レッスン(毎月一回)
Skypeレッスン(世界中どこからでも♪)

投稿者プロフィール

Chihiro ARAIピアニスト / ピアノ講師
香港在住24年。ピアニストでピアノ講師。
香港演藝学院のエレノア・ウォン教授に師事。
ピアノ・ソロ、ヴァイオリンとのデュオ、二台ピアノ、オーケストラとのピアノ協奏曲などの演奏活動をしながら、香港と日本で「体も心もラクにピアノを弾く」をモットーにレッスンをしております。